日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Dr.松倉のサプリのすすめ  > 疲れでギブアップ寸前ならCoQ10とαリポ酸を取る  > 3ページ目
印刷

Dr.松倉のサプリのすすめ

疲れでギブアップ寸前ならCoQ10とαリポ酸を取る

放置したまま抜けなくなった蓄積疲労は「副腎疲労」のサイン

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

疲労回復は「TCAサイクル」を助けるサプリを

副腎疲労になると「動きたくない」というより「動けない」状態に近い
副腎疲労の人は「動きたくない」というより「動けない」状態に近い。(©alphaspirit-123rf)

 前述した第2段階目に差し掛かった頃には、必ず自覚症状が出てきます。以前に比べて「疲れがとれない」「やる気が出ない」と気になり始めたら、早めにサプリメントを活用してみましょう。

 副腎がためこんでしまった疲労を回復させるためには、私たちの体を動かすエネルギーを作る「TCAサイクル」(エネルギー産生サイクル)を動かすことを知っておくといいでしょう。

 この仕組みは細胞の中に存在する、ミトコンドリアという器官の中で起こる化学反応です。私たちが食事からとるエネルギー源である糖、アミノ酸、脂質はすべてTCAサイクルに取り込まれ、最終的にエネルギーに変換されます。

 副腎の疲れを取るためには、TCAサイクルを回す能力を高めることが大切です。サプリメントとして有効なのは、ミトコンドリア内での化学反応を強力に推し進める補酵素として働く「コエンザイムQ10(CoQ10)」と「αリポ酸」です。両者を組み合わせると、最強のコンビです。どちらも体内では合成できないので、サプリメントで積極的に摂取すると良いでしょう。

セットでの摂取がおすすめ

 私のクリニックでは患者さんの体調を見ながらCoQ10は300~600mg、αリポ酸は150~300mg(いずれも1日当たり)を処方しています。市販のサプリメントは含有量こそ少なめではありますが、疲れがかなりたまっていると感じている人ならば、活用しない手はありません。CoQ10とαリポ酸は、どちらか一方が不足しても、サイクルがうまく働かずにエネルギー不足になってしまいやすいのでセットでとることをお勧めします。

 ちなみに、CoQ10は油に溶けやすい性質(脂溶性)があるため、胃の中に食べ物が入っている食後に摂ると良いとされています。また、遺伝的要因によるといわれていますが、αリポ酸の摂取によって低血糖を起こす方がいるので、もし飲んでいる間に体調を崩すことがありましたら、医療機関を受診してください。

 2つのサプリメントを効果的に体内で働かせるためには、やはり「たんぱく質」と「ビタミンB群」が体の中に足りていることも不可欠。体内ホルモンの材料となるたんぱく質、さらに、エネルギーを生み出すためのビタミンB群は、普段の食事からもたっぷりとるように意識してください。ちなみに、ビタミンB群は食事とサプリメントとを合わせて1日当たり4000mgを目標に取ることをお勧めしています(関連記事「疲労回復、集中力アップにはビタミンB群をガッツリ摂る」)。

(まとめ:柳本 操=フリーライター)

松倉 知之(まつくら ともゆき)
松倉クリニック&メディカルスパ(東京都渋谷区)院長・医師
松倉 知之(まつくら ともゆき) 1962年東京生まれ。1988年北里大学医学部卒業、同大形成外科勤務。99年より現職。ボトックス、ブルーピール、レチノイン酸などを日本に導入したことで知られる。一人ひとりの患者に結果の出る最良の治療法を提示することを信条とする。日本形成外科学会・日本美容外科学会・日本整形外科学会・国際形成外科学会専門医、医学博士。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.