日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Dr.松倉のサプリのすすめ  > ストレス不眠を改善する「L-トリプトファン」
印刷

Dr.松倉のサプリのすすめ

ストレス不眠を改善する「L-トリプトファン」

ホルモンの乱れをアミノ酸で調える

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

忙しい日々のなか、健康のため、若々しさアップのためにサプリメントを活用するビジネスパーソンは多いはず。でも、そのサプリメントが体内で十分に力を発揮していないとしたら?いま注目の理論「分子整合栄養医学」をもとに、松倉知之先生があなたにとって本当に必要な栄養素と、“本当に効く”サプリメントのとりかたを提案します。

疲れているのに眠れない、朝起きるのがつらい…

 いよいよ春。職場の環境変化なども激しい時期ですね。あなたにはこんな不調はありませんか?

  • 疲れているのになかなか寝付けない
  • 眠りが浅く、嫌な夢を多く見る
  • 朝すっきり起きられない
  • 口内炎、耳鳴り、偏頭痛がよく起こる

 「眠り」に悩みを抱えているとき、「枕が合わないのでは」とか「マットレスを変えて寝心地をよくしてみよう」と、睡眠の環境を整えようとする人がいます。もちろん、そうした対策も間違いではありません。しかし、私が患者さんの話を聞いていると、眠れないことの一番の原因はホルモンのアンバランスにあり、根本的にアプローチしないと眠りのトラブルは解決できないのではないか、と思うことが実に多いのです。

 前回(「男性機能のお悩みは「亜鉛不足」が原因?」)は男性ホルモン(テストステロン)と男性機能障害や気分の浮き沈みについてお話しました。今回は、同じホルモンの中でも「コルチゾール」「アドレナリン」といった眠りに影響を及ぼすホルモンについてお話ししましょう。どちらも副腎という臓器で産生されていますが、アドレナリンは副腎髄質から、コルチゾールは副腎皮質から分泌されます。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.