日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Dr.松倉のサプリのすすめ  > たまった脂肪は「L-カルニチン」でぐんぐん燃やせ!  > 2ページ目
印刷

Dr.松倉のサプリのすすめ

たまった脂肪は「L-カルニチン」でぐんぐん燃やせ!

食事でとった脂肪を燃えやすくする。疲れもスッキリ!

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

「カルニチン+筋肉量を増やす」の合わせ技が重要!

 では、「カルニチンをとれば脂肪が燃えてやせられる」のかと言うと、そう単純にはいきません。

 ミトコンドリアは全身のすべての細胞にありますが、特にエネルギーを必要とする筋肉細胞の中に多く存在します。筋肉量が少ないと筋肉細胞の中に存在するミトコンドリアの総数も減る。だから、何らかの運動を行って筋肉量を増やし、燃焼工場自体の数を増やすことが必要です。

 また、糖質たっぷりの食生活を改めることも欠かせません。糖質をたくさんとると、それだけ脂肪酸も多く作られる。脂肪酸の量がそれを燃焼する量より多ければ、だぶついた分は中性脂肪として、蓄積されてしまいます。

 ミトコンドリアのエネルギー産生機能を高める、すなわち燃焼工場の効率を上げるのに役立つのが、前回お話したビタミンB群。ビタミンB群は補酵素としてエネルギー産生サイクル(TCA回路、クエン酸回路)をぐんぐん回していく役割を担っているので、不可欠な栄養素です。

 体の酸化を防ぎ、代謝サイクルをより高めていくために、ミトコンドリア内でさらにエネルギー産生を促す「コエンザイムQ10」、「αリポ酸」も合わせると、最強の組み合わせになります。

 ダイエットを始めよう、と決意したあなたへのメニューとして、私のクリニックで処方している目安を紹介します。

  • 食事では意識して赤身肉をとる。(カルニチンの摂取)
  • カルニチンを1日500~1000mgとる。(脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ)
  • ビタミンB群を1日4000mg、プラスαとして、αリポ酸を1日200~600mg、コエンザイムQ10を1日300~900mgとる。 (ミトコンドリアのエネルギー産生機能を高める)
  • 体を動かす習慣を心がけて、筋肉量を増やす(ミトコンドリアの総数を増やす)

 摂取量の幅が広いのは個体差が大きいためです。国内で流通しているサプリメントでは配合量が少ないので、1日数回に分けて摂取するようにしてください。カルニチンは多く取り過ぎると、吐き気や嘔吐、腹部痙攣、下痢、“生臭い”体臭などの副作用を起こすことがわかっています。厚生労働省は摂取上限を1日当たり1000mgに定めていますが、クリニックでは患者さんの状態を見ながら1000mg以上出すこともあります。

 運動習慣は、忙しい毎日だとなかなか取り入れられないものですよね。筋肉を増やしたいときは、歩くのが最も手軽で効果的な方法です。人間の体で最大の筋肉は、太ももにある大腿筋。私は夕食後に、太ももをしっかり使うよう意識しながら15~20分早歩きをするよう心掛けています。もちろん最初は5分でもいい。慣れてきたら10分、15分と増やしていくといいでしょう。

 なかなか歩く機会がとれないときは、お風呂の中での簡単トレーニングをお薦めします。インナーマッスルを意識しながら深呼吸を繰り返したり、浴槽の中で両脚を揃えて股関節から上げ下げするなど、ちょっとした意識で筋肉に刺激を与えることができますよ。

 カルニチンをサプリメントで補い、脂肪の燃焼効率を高めていけば、代謝サイクルも活性化して、体はすっきり、疲れもすっきり回復しやすくなっていきます。

(まとめ:柳本 操=フリーライター)

松倉 知之(まつくら ともゆき)
松倉クリニック&メディカルスパ(東京都渋谷区)院長・医師
松倉 知之(まつくら ともゆき) 1962年東京生まれ。1988年北里大学医学部卒業、同大形成外科勤務。99年より現職。ボトックス、ブルーピール、レチノイン酸などを日本に導入したことで知られる。一人ひとりの患者に結果の出る最良の治療法を提示することを信条とする。日本形成外科学会・日本美容外科学会・日本整形外科学会・国際形成外科学会専門医、医学博士。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.