日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Dr.松倉のサプリのすすめ  > たまった脂肪は「L-カルニチン」でぐんぐん燃やせ!
印刷

Dr.松倉のサプリのすすめ

たまった脂肪は「L-カルニチン」でぐんぐん燃やせ!

食事でとった脂肪を燃えやすくする。疲れもスッキリ!

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

カルニチンは、赤身肉に豊富に含まれる成分

 こんな人には「カルニチン」が必要

  • 増えた体重が元に戻りにくい
  • 疲れやすくてパワーが出ない
  • 階段を駆け上がると心臓がバクバクする
  • 体が冷えると感じる
  • 普段の食事であまり肉をとらない

 年末年始にたっぷり飲み食いして太り、体重が一向に戻らないという人は、今回の話が役に立つでしょう。かくいう私も、正月明けはお腹の空き方が激しいなぁ、と実感しました。脳は甘いものが大好きで、甘いものをとってのんびりしていると、すぐにその習慣に甘やかされ、慣れてしまうものです。こんな時には食欲に翻弄されず、自らの意志で「体を立て直すぞ!」と決意することが必要です。たるんだ体を元に戻そう! と決意した人にお薦めしたいサプリメントが、「カルニチン」(正式にはL-カルニチン)です。

カルニチンは肉に多く含まれています。脂肪の燃焼を助ける栄養素です。(©monphoto-123rf)

 カルニチンとは、アミノ酸をもとに体内で作られる成分のこと。羊肉やレバーなどの赤身肉に豊富に含まれ、その名前も肉を表すラテン語「carnis」に由来します。カルニチンは成人の体におよそ20g存在し、そのほとんどが筋肉に含まれています。その他、肝臓や腎臓、心臓、脳などにも微量ながら存在します。1日当たり10~20mg程度が体内で合成されますが、その材料の多くは肉を食べることによって調達されます。特にカルニチンが豊富な羊肉を多く食べるオセアニアやモンゴルでは1日300~400mgのカルニチンをとっているのに対して、日本人は平均75mg程度といわれています。

 カルニチンのサプリメントのパッケージには、「脂肪を燃やす」「ダイエットに効く」という表示があるものも多いですね。このメカニズムについてご紹介していきましょう。

カルニチンは脂肪酸を「脂肪燃焼工場」に運搬する

 食事に含まれる脂肪は消化酵素によって分解され、脂肪酸という物質になって小腸から吸収され血液中を巡ります。この脂肪酸が細胞内に取り込まれ代謝されて、エネルギーに変わるのですが、これらが自動的に起こるわけではありません。

 脂肪酸は、細胞内にある「ミトコンドリア」という“脂肪燃焼工場”に引っ張り込まれてはじめて、エネルギーに変わることができます。このとき、脂肪酸をミトコンドリア内に運び込む役割を担っているのが、カルニチンなのです。

 カルニチンが不足すると脂肪酸はミトコンドリア内に運搬されなくなるために体はエネルギー欠乏を引き起こしやすく、だるい、疲れやすい、という状態になります。もちろん心臓の筋肉でもエネルギーが生み出せませんから、例えば階段を駆け上がったときに動悸が起こることもあります。エネルギーを作りにくいと体は熱も産生しにくくなる。「最近、やたらと体が冷える」と感じている人は、カルニチン不足になっているかもしれません。特に、普段、肉をあまり食べない人はなおさら、カルニチン不足の状態になりやすいのです。

 カルニチンが不足すると、脂肪酸は脂肪細胞に運び込まれ、脂肪として蓄積されます。脂肪の燃焼スイッチを入れるには、ミトコンドリアに脂肪酸を運ぶカルニチンが有効、という仕組みが理解いただけたでしょうか。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.