日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 自分のこころのトリセツ  > 「わけもなくイライラする」こんなときどうする?  > 2ページ
印刷

自分のこころのトリセツ

「わけもなくイライラする」こんなときどうする?

わけもなくイライラするときは感情がSOS信号を出している

 下園 壮太=メンタルレスキュー・インストラクター

うつ状態からの回復期にも、イライラが起こりやすい

 イライラはエネルギーを放出しようとする感情ですから、ため込むとつらい。そのため、常に「当たる」ターゲットを探します。

 だからといって特定の人に当たっていては、人間関係を悪くするだけです。

 さらにもっといけないのは、“当たりグセ”がつくことです。その人を見ただけでスイッチが入り、イライラをぶつけるようになる。次第にそんな自分を責めるようになり、うつ症状に陥ってしまうこともあります。

 イライラしているのは、誰かが悪いわけでも、自分に我慢が足りないからでもなく、疲れがピークになっているからなのかもしれない、と振り返ってみてください。

 忙しさや、心配ごとが続いて、少し精神的に参ってしまって、その疲労がイライラとなり、周囲との人間関係に不協和音を起こしている。そのストレスがまた疲労を加速させている。このような状況なのに、「がんばる自分」をやめられない人は、そんな自分にもイライラしてきて、自己嫌悪を強めていきます。

 わけもなくイライラ感が続いているなら、「感情がSOS信号を出しているんだな」と気づきましょう。それがわかれば、本当の意味で「ペースダウンしよう」と思えるのです。

 単純に、嫌だなあという相手が身近にいてイライラする、というときであればコンサートや遊園地で発散し、嫌な思考を中断させるという対処法ですっきりできるかもしれません。しかし、蓄積疲労によるイライラにこのような“はしゃぎ系”は厳禁。たとえそのとき楽しくても、疲れが上乗せされ、翌日には確実にイライラが増してしまいます。

 八つ当たりした相手との関係を修復しようと、あれこれ手を尽くそうとしても、疲れているときにはうまくいく確率は低いでしょう。顔を見ればイライラする、という状態になっている相手だとなおさらです。目の前にケーキがあれば食べてしまうのと同じ。ならば、「ケーキをなくす」のが現実的な対処法になります。

 イライラ感情を引き起こしやすい人間関係からはなるべく距離を置きます。他の用事を作るなどして、イライラする相手とはできるだけ顔を合わせずにすむように、対処してみましょう。

 じわじわと蓄積してきた疲労ですから、すぐには回復できないかもしれません。しかし、疲れてしまったことを認めて自分をいたわることができれば、目の前の人にいつもより優しくなれるかもしれません。人間には、そういう単純なところもあるのです。

[まとめ] ゆっくり休んで心身をいたわれば少しずつよくなる
(1)疲れのせいかも、と振り返る

 イライラしていると「身近な人が悪い」「世間が悪い」などイライラの標的を作り出したくなるものです。でも、人に当たってばかりいると人間関係は悪化し、いつしか自分を責め、落ち込みがもっとひどくなります。イライラしているのは、自分に疲れがたまっているせいかもしれません。振り返ってみましょう。

(2)自分をいたわるような休み方をする

 蓄積疲労によって起こっているイライラは、通常のイライラのような“はしゃぎ系”で対処するとかえって悪化します。本当の意味で疲れを癒やすことができるのは、ほっとできるような休み方。マッサージを受ける、おいしいものを食べるなど、心身がほぐれるような休み方を見つけましょう。

(3)当たってしまう相手とは距離を置く

 当たってしまったら、相手との関係を修復したくなるものですが、自分が消耗しているときは何をやってもうまくいかないもの。当たる相手が身近な家族などの場合は、思い切って2~3日ほどホテルに一人で泊まるなどして、距離を置くのも手。イライラスイッチが入らなくなり、冷静になることができます。

(まとめ:柳本 操=フリーランスエディター)

『学校では教えてくれない 自分のこころのトリセツ』(日経BP社、2013年9月発行)より転載


下園 壮太(しもぞの そうた)
メンタルレスキュー・インストラクター
下園 壮太(しもぞの そうた) 1959年鹿児島県生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。筑波大学で心理学を学ぶ。1999年より陸上自衛隊初の心理幹部として、多くのカウンセリング経験を積む。陸上自衛隊衛生学校メンタルヘルス教官として、衛生科隊員(医師・看護師など)にメンタルヘルス、自殺予防、カウンセリングなどを教育する。惨事ストレスに対応するMR(メンタル・レスキュー)インストラクター。2009年に第8回「国民の自衛官」に選ばれる。「学校では絶対に教えてくれない 自分のこころのトリセツ」(日経BP社、2013年9月発行)などの著書がある。

『学校では絶対に教えてくれない 自分のこころのトリセツ』(日経BP社)好評販売中

 腹が立ったとき、つらいとき、不安なとき、自分の心の扱い方を知っていますか? 私が陸上自衛隊の心理幹部として隊員たちに伝えてきた怒りや絶望などの「生々しい感情との向き合い方」は、すべての現代人に役立つものです。悩みの大部分は、人間が「原始時代だったころ」を想像してみると、解決のヒントが見えてきます──「はじめに」より

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.