日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 自分のこころのトリセツ  > 「責任が重たく感じられるとき」こんなときどうする?
印刷

自分のこころのトリセツ

「責任が重たく感じられるとき」こんなときどうする?

人は疲れると責任ある立場から降りたくなる

 下園 壮太=メンタルレスキュー・インストラクター

「責任」は受け取る人のコンディション次第で重さが変わってきます。責任から逃れたくなるのは、エネルギーが落ちた人にとっては当たり前のことなのです。自分の役割に過剰に責任を感じ始め、責任から逃れたくなったら、疲れてしまったサインなのかもしれないと冷静に受け止めてほしいと思います。

「責任を持つ」ということは、「責任をとる」ということ。結果が悪かった場合は、周囲から非難され、攻撃される。集団からの追放など、本能的な恐怖心がついて回ります(©alphaspirit-Fotolia.com)

 できれば人の上に立ちたくないし、責任を背負うのは苦手…。そんな気持ちを口にすると、社会では「責任逃れ」「無責任」と批判されることがあります。でも、弱っているときほど、人は責任から逃れたくなるものなのです。

 仕事や人間関係にトラブルが生じると、必ずといっていいほど始まるのが「責任の押し付け合い」です。誰がミスをしたのか、そもそも誰が責任をとるべきなのか、といったやりとりを見ると「責任なんて、背負いたくない」と思ってしまいますね。

 責任は、受け取る人のコンディション次第で“重さ”が変わることをご存じですか? 心身ともにパワーに満ちているときに責任を与えられると、自分の能力が評価される絶好のチャンス、と受けいれることができます。「責任」と「自信」がぴたりと一致していると、ものごとも、たいていはスムーズに運びます。

 ところが、心身のエネルギーが低下した人にとっては、責任がものすごく負担になるのです。「うつ病は自信をなくす病気」と言いましたが、自信をなくしているときには、責任が現実以上に重たく感じられてしまいます。

 責任とは、そもそも人にとってどんな意味を持つものでしょう。まず言えるのは、たくさんのエネルギーを必要とするものだということ。与えられた仕事を行うだけでもエネルギーがいるのに、そこに責任が加わると、「良い結果を出すこと」が求められます。良い結果を導くための情報収集、悪い結果を出さないための対策などに、さらなるエネルギーを動員することになります。

 加えて、心理的負担も増します。「責任を持つ」ということは、「責任をとる」ということ。結果が悪かった場合は、周囲から非難され、攻撃される。場合によってはその集団から追放される、という本能的な恐怖心もついて回るわけです。

ピンチのときに、人は責任から逃れたくなる

 もちろん、元気なときなら「ま、なんとかなるだろう」で軽くこなせるかもしれません。ところが、疲労や不安が重なり心身のエネルギーが低下すると、仕事を遂行するための集中力が落ち始めます。

 同時にふくらむのが「非難されるかも」という恐怖心。心はちぢこまり、本来の力が発揮できなくなる、という負のループにはまりこみます。

 最終的には「うまくいかないのは、すべて私がダメなせい」という自責感、無力感でいっぱいになる。まさにこれが、うつの状態ですね。

 うつのときに、人は発作的に会社を辞めたり離婚をしたくなったりするものですが、これは、本人が責任を現実以上にふくらませ、抱え込んでしまっているからです。自分がいるせいでこの仕事がダメになる、自分がいると配偶者や家族を不幸にしてしまう、あるいは、こんな自分は見捨てられる。だから、自分から「切ってしまいたく」なるのです。

 ピンチのときにダメになってしまうのは当たり前のことです。責任から逃れたくなるのは、エネルギーが落ちた人にとっては当たり前のことなのです。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.