日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 自分のこころのトリセツ  > 「人に頼ることが苦手」こんなときどうする  > 2ページ
印刷

自分のこころのトリセツ

「人に頼ることが苦手」こんなときどうする

「人に頼ろう」と素直に思える人は、窮地に強い人

 下園 壮太=メンタルレスキュー・シニアインストラクター

 人間には「変わりどき」があり、そのタイミングこそ、すごくしんどかった時期から浮上し始めたときなのです。

 やっぱり一人だと苦しかったなあ、という生々しい記憶があるうちに、「大人の心の強さを身につける修行だ」と思って、小さいことから始めてみるといいでしょう。

 誰にも頼らずがんばってきた人が、他人にものごとを頼むのは苦痛を伴うでしょう。説明するくらいなら自分でやりたい、と思うでしょうが、一人では必ず、行き詰まるときがきます。

 たとえば、ネットにつながっていないパソコンは「スタンド・アローン」と呼ばれます。その名の通り、自立している感じはありますが、ネットにつないだパソコンと比べるとその能力はきわめて限定されてしまいます。確かに、パソコンをネットにつなぐのは、最初は面倒くさいもの。しかし、LAN、プロバイダー、と1個1個クリアすれば、なんとかネットにつなげられるものです。それと同じと考えてください。

 ちょっと元気が復活したときであれば、人に頼んだ結果が自分の思い通りでなくても、それほど落胆や負担を感じずに対処することができるでしょう。

 小さなサポートを頼む経験を繰り返すうちに、頼むことでかえっていろいろなことがうまく回ることに気づき、素直にお礼の気持ちを伝える爽快感を得られるなど、いいところもたくさんあると肌で感じられるはずです。

 つらくなったら、誰かに頼ればいい。そう素直に思える人は、本当のところで窮地に強い人なのです。

[まとめ]少し元気が出たら人に頼る練習を。小さなことから始めよう
(1)「変わりどき」を逃さない

落ち込んでいるときはエネルギーが不足している一方、調子が上々のときは今のやり方を変える必要性を見いだせないものです。落ち込みから浮上したときこそ、「今までのやり方を変えてみる」ベストのタイミングです。「変わりどき」を逃さずに、人に頼る練習を始めましょう。

(2)小さいことから頼ってみる

いきなり人に「この先の私の人生、どうすればいいでしょうか」などと重たい相談を投げかけるのはNG。「外に出るついでに、飲み物を買ってきてくれない?」などという程度の、ごく小さなことから人に頼る練習をしてみましょう。一度ではなく、繰り返していくことが大切です。

(3)やり方をすべて変えなくてもいい

がんばり屋の人ほど「これまでとはやり方をすべて変えなくては!」と極端に考えてしまうものです。しかし、人に頼るのが下手な子どもの心の強さは「がんばる心」として持っていてOK。子どもの心、大人の心、両者をバランスよく育てていきましょう。

(まとめ:柳本 操=フリーライター)

『学校では教えてくれない 自分のこころのトリセツ』(日経BP社、2013年9月発行)より転載


下園 壮太(しもぞの そうた)
メンタルレスキュー・シニアインストラクター
下園 壮太(しもぞの そうた) 1959年鹿児島県生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊入隊。筑波大学で心理学を学ぶ。1999年より陸上自衛隊初の心理幹部として、多くのカウンセリング経験を積む。陸上自衛隊衛生学校メンタルヘルス教官として、衛生科隊員(医師・看護師など)にメンタルヘルス、自殺予防、カウンセリングなどを教育する。惨事ストレスに対応するMR(メンタル・レスキュー)シニアインストラクター。2009年に第8回「国民の自衛官」に選ばれる。「学校では絶対に教えてくれない 自分のこころのトリセツ」(日経BP社、2013年9月発行)などの著書がある。

『学校では絶対に教えてくれない 自分のこころのトリセツ』(日経BP社)好評販売中

 腹が立ったとき、つらいとき、不安なとき、自分の心の扱い方を知っていますか? 私が陸上自衛隊の心理幹部として隊員たちに伝えてきた怒りや絶望などの「生々しい感情との向き合い方」は、すべての現代人に役立つものです。悩みの大部分は、人間が「原始時代だったころ」を想像してみると、解決のヒントが見えてきます──「はじめに」より

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.