日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 自分のこころのトリセツ  > 「人に頼ることが苦手」こんなときどうする
印刷

自分のこころのトリセツ

「人に頼ることが苦手」こんなときどうする

「人に頼ろう」と素直に思える人は、窮地に強い人

 下園 壮太=メンタルレスキュー・シニアインストラクター

トラブルが生じたときに「何が何でも自分で乗り越えなきゃ」と思っていませんか? 何でも一人でやらなくては、と抱え込むのは、本当の意味での“大人”になりきれていない証拠。小さなことから「人に頼る練習」をはじめてみませんか?

現代社会では、助け合いの良さを実感したり、謙虚さを学ぶ機会が失われている
現代社会では、助け合いの良さを実感したり、謙虚さを学ぶ機会が失われています。(©Sergii Gnatiuk-123rf)

 人は一人で生きていくことはできないと、頭ではわかっているつもりでも、人に助けを求めるのが苦手な人も少なくありません。

 人に頼むくらいなら自分でやってしまったほうが楽だ、そうやって一人で抱え込んだ結果、イライラし、疲れ切ってしまうこともあります。

 そもそも人間は、本能的に「助け合いながら生きてきた」生き物です。

 単独で戦うのではなく、集団で、しかもコミュニケーションをとった連携プレーで大型の獣を倒してきたのです。だから、逆に言うと単独では非常に弱い。このような「助け合うことが前提」のプログラムが、私たちの本能には備わっています。

 なのに、どうして素直に人に頼ることができないのでしょう。

 その背景には私たちが幼いころに身につけた「子どもの心の強さ」が関係しています。日本人の精神風土には、農耕社会の考え方が色濃く影響しています。田植えも稲刈りもみんなで作業し、収穫を待つまでの期間も長い。その間、集団は一人ひとりが「ちゃんと努力しているか、さぼっていないか」を常にチェックし合います。達成した結果より、人に迷惑をかけなかったことが評価される社会に出ていく子どもに向かって、大人は一人でがんばれ、逃げるな、と成長期に言い続けます。

 その一方で、厳しい現実社会では、一人では生きていけないし、頼り合うことも大切です。「一人でがんばる」と「ピンチでは助けを求める」のバランスを、かつての日本では大家族や地域社会のつながりの中で自然に学ぶことができていました。しかし、現代社会ではそのような経験が極端に減り、助け合いの良さを実感したり、謙虚さを学ぶ機会が失われています。

落ち込みから浮き上がるときが「変わりどき」になる

 子どもの心の強さでがんばってきた人は、人に迷惑をかけない自分、逃げない自分が好きです。

 ただ、問題なのは、そういう人はトラブルに直面すると弱い、ということ。なぜなら、人に頼ることが苦手だからです。

 いざ人に頼ろうとしても、相手がうまくやってくれるか不安だし、「自分は逃げているのではないか」と罪悪感を覚えてしまいます。本当は周囲と助け合ったほうがよほど大きな力になるのに、なかなか一歩が踏み出せないのです。

 状況に応じて上手に人に頼り、サポートを求められることこそ「大人の心の強さ」です。とはいえ、頭でわかっても実行するのはなかなか難しい。自分が自信をつけてきたやり方を手放すには、勇気が必要だからです。

 ましてや、疲れ切って気持ちもダウンしているときには、チャレンジする気力もわかないでしょう。しかし、ちょっと元気が出たときこそチャンスです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.