日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 自分のこころのトリセツ  > 「弱音を吐きたくなったら」こんなときどうする?
印刷

自分のこころのトリセツ

「弱音を吐きたくなったら」こんなときどうする?

限界までの我慢、感情を抑えられない自責の念は逆効果

 下園 壮太=メンタルレスキュー・インストラクター

がんばらなくてはいけないのに弱音を吐きたくなるとき、人は必ず心身ともに疲れています。つらい、苦しい、という感情は「助けを求めろ」「その場から離れろ」「休め」というサインなのです。弱音は軽々しく吐くと周りにまで波及してしまいますが、限界まで我慢したり、感情を抑えられない自分を責めたりするのは、間違っています。感情を抑えつけようとしていた圧力をゆるめる方法を取り入れることが実は有効なのです。

がんばりすぎる人ほどの一部である感情に対して理性で立ち向かおうとします。/こころのトリセツ
がんばりすぎる人ほど感情(=本能)に対して理性で立ち向かおうとします。(©alphaspirit-123rf)

 いろいろなことがうまくいかないとき、あなたはどう行動しますか?

 ささいな悩みならともかく、問題が深刻なときはなかなか人に打ち明けるわけにもいかず、つらい気持ちをぐっと飲み込んでいるかもしれません。

 感情は、太古の昔、おそらく言葉が生まれる以前からあったと考えられます。そして、どんな感情も、その持ち主の「命を守ること」と強く結びついています。だからこそ、感情は生々しく、当事者の言うことをなかなか聞いてくれません。苦しい気持ちになったときに「なかったことにしよう」なんて思っても、涙は勝手にあふれるし、叫びたくなるものです。

 本能と結びついている感情に、理性の勝ち目はありません。

「つらい」という感情は、体に備わった自然治癒力

 がんばらなくてはいけないのに弱音を吐きたくなるとき、人は必ず心身ともに疲れています。つらい、苦しい、という感情は「助けを求めろ」「その場から離れろ」「休め」というサイン。素直に従い、対処することができれば人は自然と、復活していけます。つまり、つらいという感情は、体に備わった自然治癒力ともいえるでしょう。

 ところが、がんばりすぎる人ほど感情(=本能)に対して理性で立ち向かおうとします。たとえば、「愚痴を言っても問題は解決しない」と、つらい感情を無視し、休まない。すると感情は一段とふくれあがり、それを抑えるためにさらなるエネルギーを必要とするようになります。やがてその人は疲れ果て、「弱音を吐く自分がダメなんだ」と自分いじめを始めるようになります。

 これが、うつの始まりです。

 人が弱音を吐けなくなる原因には、社会の圧力も関わっています。泣いたり弱音を吐いたりすることは、原始のころから人が周囲に助けてもらうためのシンプルなコミュニケーション手段でした。だからうつになると、大の男でもよく泣くようになります。

 このような、感情を抑制できない状態を精神医学では「感情失禁」と呼ぶことがあるのですが、私はこの言葉が好きではありません。泣くことが、まるでとても悪い、恥ずかしいことのようだからです。苦しいときに泣くのは、暑ければ体温を下げるために汗が出るのと同じく自然なことで、弱ったときには涙が流れるものです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.