日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 自分のこころのトリセツ  > 「弱音を吐きたくなったら」こんなときどうする?
印刷

自分のこころのトリセツ

「弱音を吐きたくなったら」こんなときどうする?

限界までの我慢、感情を抑えられない自責の念は逆効果

 下園 壮太=メンタルレスキュー・インストラクター

がんばらなくてはいけないのに弱音を吐きたくなるとき、人は必ず心身ともに疲れています。つらい、苦しい、という感情は「助けを求めろ」「その場から離れろ」「休め」というサインなのです。弱音は軽々しく吐くと周りにまで波及してしまいますが、限界まで我慢したり、感情を抑えられない自分を責めたりするのは、間違っています。感情を抑えつけようとしていた圧力をゆるめる方法を取り入れることが実は有効なのです。

がんばりすぎる人ほどの一部である感情に対して理性で立ち向かおうとします。/こころのトリセツ
がんばりすぎる人ほど感情(=本能)に対して理性で立ち向かおうとします。(©alphaspirit-123rf)

 いろいろなことがうまくいかないとき、あなたはどう行動しますか?

 ささいな悩みならともかく、問題が深刻なときはなかなか人に打ち明けるわけにもいかず、つらい気持ちをぐっと飲み込んでいるかもしれません。

 感情は、太古の昔、おそらく言葉が生まれる以前からあったと考えられます。そして、どんな感情も、その持ち主の「命を守ること」と強く結びついています。だからこそ、感情は生々しく、当事者の言うことをなかなか聞いてくれません。苦しい気持ちになったときに「なかったことにしよう」なんて思っても、涙は勝手にあふれるし、叫びたくなるものです。

 本能と結びついている感情に、理性の勝ち目はありません。

「つらい」という感情は、体に備わった自然治癒力

 がんばらなくてはいけないのに弱音を吐きたくなるとき、人は必ず心身ともに疲れています。つらい、苦しい、という感情は「助けを求めろ」「その場から離れろ」「休め」というサイン。素直に従い、対処することができれば人は自然と、復活していけます。つまり、つらいという感情は、体に備わった自然治癒力ともいえるでしょう。

 ところが、がんばりすぎる人ほど感情(=本能)に対して理性で立ち向かおうとします。たとえば、「愚痴を言っても問題は解決しない」と、つらい感情を無視し、休まない。すると感情は一段とふくれあがり、それを抑えるためにさらなるエネルギーを必要とするようになります。やがてその人は疲れ果て、「弱音を吐く自分がダメなんだ」と自分いじめを始めるようになります。

 これが、うつの始まりです。

 人が弱音を吐けなくなる原因には、社会の圧力も関わっています。泣いたり弱音を吐いたりすることは、原始のころから人が周囲に助けてもらうためのシンプルなコミュニケーション手段でした。だからうつになると、大の男でもよく泣くようになります。

 このような、感情を抑制できない状態を精神医学では「感情失禁」と呼ぶことがあるのですが、私はこの言葉が好きではありません。泣くことが、まるでとても悪い、恥ずかしいことのようだからです。苦しいときに泣くのは、暑ければ体温を下げるために汗が出るのと同じく自然なことで、弱ったときには涙が流れるものです。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.