日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 自分のこころのトリセツ  > 「お金のことを考えると不安」こんなときどうする?
印刷

自分のこころのトリセツ

「お金のことを考えると不安」こんなときどうする?

少しずつ貯金することや、人とのつながりを太くすることに意識を向ける

 下園 壮太=メンタルレスキュー・インストラクター

私たちが現代社会で生きていくためには、お金が必要です。しかし、お金のことを考えるうちに、ときにはお金がその人の自信を揺るがすことがあります。極端にお金が足りないわけではないのに、お金対する不安感が高まるときは、その不安の大きさを現実的なサイズに落とし込んでみましょう。

お金とネガティブな感情
疲労感や空虚感を抱えているときにお金のことを考えるとますますネガティブになっていきます。(©kanin abhiromsawat-123rf)

 生きていくうえの「自信」と「お金」が、強くつながってしまいがちな現代。お金がないとどうしても心が乱され、不安になってしまうものです。

 給料が少ない、ボーナスが減った、貯蓄額が少ない…こんなことが話題にあがると、暗くなる。あるいは、お金のことを考えるとネガティブになるだけだから、いっそのこと考えないようにしている人もいるかもしれません。

 実は、うつ状態になると、お金のとらえ方にもゆがみが生じやすくなります。

 たとえば、銀行にまだ十分な残高があるのに「自分はどんどんお金を失っている」とか、「自分は大損をしてしまった。今あるお金だけでは、この先、絶対にやっていけない」とかたくなに思い込んでしまいます。

 精神医学ではこのような状態を、“貧困妄想”と呼びます。

 そこまでいかなくても「疲れたな」とか、「むなしいな」と感じているときにお金のことを考えると、どんどんネガティブになってしまうものです。なぜなら、心身のエネルギーの低下と自信の低下、そしてお金に対する不安は、互いに密接に関わっているからです。

 人が毎日、元気に生きるベースとなるのは「この先、自分は生きていける」という自信です。

 たとえば、原始時代の人間の自信のベースは体力でした。当時は15歳にもなれば体力的には一人前です。動物を仕留めることができるし、農作業もできる。集団の中で一人前と見なされる、ということは、その人の揺るぎない自信となりました。

 ところが現代は、もはやそんなシンプルな時代ではありません。体力は必要とされない代わり、生きていくための糧も、着る服も、すべて「お金」がないと手に入れられません。人の自信や存在価値を「お金」が握るようになってしまったのです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.