日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 自分のこころのトリセツ  > 「焦ってばかりで何も進まない」こんなときどうする?
印刷

自分のこころのトリセツ

「焦ってばかりで何も進まない」こんなときどうする?

心身を休ませることでしか焦りを止めることはできない

 下園 壮太=メンタルレスキュー・インストラクター

不安要素が多くなるほど、「何か対処しないと!」という焦りも強くなります。焦りとは、自分に起こり得る未来の危機を予測して、危ない局面をできるだけ避けようとすることによって働く感情です。焦りに心がとらわれてしまったときは、そうさせる正体が何であるかを突き止め、時間と気持ちに余裕を持たせる。矛盾するように感じるかもしれませんが、自身を休ませることでしか事態は好転させられないのです。

未来を想像し、不安要素が多くなるほど、「何か対処しないと」という感情である焦りも強くなります。(©Lisa Young-123rf)

 「今日はあれとこれをやって、こっちも忘れないように」と考えるうち、頭の中が焦りでいっぱいになり、結局何も手につかなくてさらに焦ることがあります。あるいは、自分が何に焦っているのかわからないのに、そわそわして落ち着かない…ということもあるでしょう。

 焦りという感情もまた、原始人のころから人間が本能の中に蓄えてきた感情です。その奥には、「不安」という感情が横たわっています。

 まず、不安について考えてみましょう。

 人を不安にさせる要因は、主に2つから成り立っています。

 1つ目は「外界の変化」。天変地異や外敵に襲われるといった環境ストレスです。2つ目は「エネルギー低下」。飢える、体力が底をつくというストレスです。いずれも命の危機にさらされる状況を意味しています。

 この危機的状態を克服するために、生き物はどうしてきたのでしょうか。猛獣が鋭い牙や大きな体を持つように、人間は予知能力を鍛えることによって危機を避けてきました。予知能力なんて言うと特別な能力のようですが、要は、先の先まで予測し、危ない局面をできるだけ避けることです。

 私たちが怪しい雰囲気のところにはなんとなく近づかず、苦手なタイプの人を避けようとするのも、この「不安」という予知能力のたまものです。

 未来を想像し、不安要素が多くなるほど、「何か対処しないと」という感情である焦りも強くなります。特に、人がうつ状態に陥ると、不安の感情がわっと拡大するので、わけのわからない焦りの感情に振り回されるようになります。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.