日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた  > 「かかりつけ医」を使いこなすコツ
印刷

ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた

「かかりつけ医」を使いこなすコツ

必要以上に“義理立て”せず臨機応変に使い分けを

 橋口玲子=緑蔭診療所医師

「医療とは、医師から受けるもの」、こんな一方通行のイメージを私たちは抱いてしまいがちです。しかし、最善の医療は患者がかしこく「手に入れるもの」という発想を持つと、今よりももっと満足のいく治療を受けられたり、医師とのコミュニケーションをもっとうまくできるようになるはずです。臨床経験が豊富で、遠方からの患者を多く受け入れる緑蔭診療所の橋口玲子先生に、知っておくと絶対役立つ、患者の心得を指南してもらいます。

 前回は、「高度で手厚い医療を受けられる」というイメージが強い大学病院のメリットとデメリットについてお話ししました。体の不調に悩む方を全体的に見ると、大学病院ほどの専門的な治療を必要としない患者さんのほうが多いと感じます。

 だからこそ、待ち時間がそれほど長くならず、気軽に受診できる「かかりつけ医」を見つけておくことが大切です。私自身、かかりつけ医という立場で診療を行っていますが、ときにはこんな言葉を患者さんからかけられることがあります。

Bさん(女性、62歳)
神経痛や肩凝りを治してくれたから、骨粗鬆症も治療してくれると思った。なんでも診てくれる先生だと思っていたのに、がっかりしちゃったわ

 Bさんは内科の不調とともに神経痛や肩の凝りなどもあり、漢方薬や西洋薬を組み合わせた治療を行っていました。あるとき整形外科で「背骨の圧迫骨折がある」と診断された、と打ち明けられ、私のところで治療ができないかと相談されました。

 背骨の圧迫骨折は、医学的には「脊椎(せきつい)圧迫骨折」といいます。骨粗鬆症がある人の場合、ふとした衝撃により脊椎が押しつぶされるように骨折することがあるのです。

 私はそのとき、「進行した骨粗鬆症である場合、血液検査や尿検査などの数値や年齢を勘案してどのような治療がベストかを決定する必要がある。まだ62歳のBさんは整形外科で治療をしたほうがいい」と判断しました。そこで、「骨粗鬆症については整形外科で診てもらってください」とお伝えすると、落胆されたようでした。

 もちろん、Bさんのおっしゃることも理解できます。確かにかかりつけ医は、患者さんを「丸ごと診る」のが最大の特徴です。病院に行くにはお金も時間もかかるので、できれば1カ所で済ませたい気持ちはよくわかります。

 街中で開業しているかかりつけ医であれば、予防接種のついでに胃薬や湿疹の軟膏を処方してもらうことも可能でしょう。ただ、理解していただきたいのは、骨粗鬆症の予防的な治療はかかりつけ医でも可能ではあるものの、Bさんの場合のように、年齢の割に進行した骨粗鬆症の治療となると、かかりつけ医ではカバーできないため、それぞれの専門科で治療を行うことになる、ということです。

 つまり、必要に応じて専門的な医療機関へ紹介することも、かかりつけ医の重要な役割なのです。そして、病状が落ち着けば、「今後はかかりつけ医でこの薬をもらってくださいね」と、いわばベースキャンプであるかかりつけ医のもとに戻ってくる。このように医療機関同士が連携しあえることが理想で、その連携関係の中でこそ、かかりつけ医の役割も重要になるのです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.