日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた  > 「とりあえず大学病院」はナンセンス!?
印刷

ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた

「とりあえず大学病院」はナンセンス!?

知っておこう! 大学病院の良いところ・悪いところ

 橋口玲子=緑蔭診療所医師

 「医療とは、医師から受けるもの」、こんな一方通行のイメージを私たちは抱いてしまいがちです。しかし、最善の医療は患者がかしこく「手に入れるもの」という発想を持つと、今よりももっと満足のいく治療を受けられたり、医師とのコミュニケーションをもっとうまくできるようになるはずです。臨床経験が豊富で、遠方からの患者を多く受け入れる緑蔭診療所の橋口玲子先生に、知っておくと絶対役立つ、患者の心得を指南してもらいます。

 街中には大小様々な病院・診療所があります。あなたは具合が悪くなったとき、どの医療機関にかかりますか? 近くの診療所? それとも大きな大学病院?? 大学病院には有名な医師や専門医がたくさんいて手厚い医療が受けられそうなイメージを持たれそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

Aさん(男性)
テレビに出ている有名な先生に診てもらいたくて大学病院に行ったのに、延々待たされた挙げ句、担当したのは若い医師。しかも診察は3分で終わってしまって、がっかりしたよ

大学病院は入院ベッド数も多いけど…。(©YU-JI / PIXTA)

 Aさんのように体に心配なことが起こったとき、「まずは名医のいる大学病院に行けば安心」と思う人が多いようです。

 確かに書店に行けば「名医がいる病院」「○○治療の得意な病院ランキング」といった本が並び、有名な先生に診てもらえば安心だろう、と思うお気持ちはわかります。

 しかし、大学病院に所属する医師は定期的に他の病院に異動したり、開業したりと、入れ替わりが激しいのが実情です。この診療科に行けば有名な先生に診てもらえる、という保証はありません。

 また、Aさんは若い医師に担当されてしまいがっかりした、と言っていますが、その点に関しては、次に説明する大学病院ならではの特徴を理解していただかなくてはなりません。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.