日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた  > ダメ医師を見分ける3つのポイント
印刷

ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた

ダメ医師を見分ける3つのポイント

「聞かない」「目を合わせない」「検査したがる」

 橋口玲子=緑蔭診療所医師

「医療とは、医師から受けるもの」、こんな一方通行のイメージを私たちは抱いてしまいがちです。しかし、最善の医療は患者がかしこく「手に入れるもの」という発想を持つと、今よりももっと満足のいく治療を受けられたり、医師とのコミュニケーションをもっとうまくできるようになるはずです。臨床経験が豊富で、遠方からの患者も多い緑蔭診療所の橋口玲子先生に、知っておくと絶対役立つ、患者の心得を指南してもらいます。

 この連載ではこれまで、患者さんと医療者の間に生じがちな「思い込み」や「ギャップ」を題材にして、よりよい医療を受けるヒントをお届けしてきました。最終回となる今回は、みなさんがご自身にとって最善の医師に出会うために、医師のどういったところを見るべきか、私なりに思うことを、3つのNG例を基にお話したいと思います。キーワードは「コミュニケーション力」です。

こんな医師はNG【1】 患者の訴えをきちんと聞かない

 先日、当院を受診されたIさんは、こんなことをおっしゃいました。

Iさん(男性)
「ここ2週間ほど、特に夜間に咳がひどくなるので、勤務先の近くにある病院にかかったのですが、担当した先生は、病状についてあまり質問もせず、説明もないまま抗生剤を出されました。なんか、話しづらい先生で…。薬を受け取ったものの、なんとなく飲むことに抵抗があって、2日で飲むのを止めてしまいました。症状も良くなっていないんです」

 40代半ば、働き盛りのIさんは、長引く咳がつらくて受診をしたものの、その病院の医師からは症状に関する十分な説明を受けられなかったといいます。結局、処方された抗菌薬(抗生剤)に対するIさんの抵抗感は払しょくされず、薬を飲み切らなかったこともあり、症状が改善されないままでした。

 治療や処方薬に対する不安は、多かれ少なかれ誰にでもあるものです。治療について、患者さんが「不安に思いそうなこと」「知りたがっていること」を伝えるのが、医師として当たり前の仕事なのですが、このケースでは、それが十分になされていなかったようです。

 Iさんのケースのように、問診を丁寧にせず、説明が不十分なまま薬を処方する医師の下では、患者が治療に不信感を抱き、期待していた通りの効果が得られない、という残念な結果になりがちです。

 診察中は、医師が以下のようなポイントを踏まえて話を進めてくれるかどうかに注意してみましょう。わからないことがある場合は遠慮なく質問をしてください。

  • 患者からの訴えの聴取
     (どんな症状に一番困っていて、何を不安に感じているかに耳を傾けている)
  • 病状についての説明
     (病名を特定できなくても、想定される範囲で、現在の状態を引き起こしている原因について説明してくれる)
  • 処方される薬についての説明(処方する目的、飲み方、服用期間)
  • 注意すべきこと(すぐさま受診すべき症状など)
  • 再診の目安(次の受診の目安についての説明など)

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.