日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた  > お薬手帳はあなたのカラダの「代弁者」  > 3ページ
印刷

ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた

お薬手帳はあなたのカラダの「代弁者」

副作用や無駄な受診の防止に力を発揮

 橋口玲子=緑蔭診療所医師

お薬手帳は世界でたった一つの“あなたの治療経歴書”

 お薬手帳についてこんな経験はありませんか?

  • 薬局でもらったシールを貼り忘れる、紛失する
  • シールは貼っているものの、時系列がめちゃくちゃ
  • 勤務先の近くのクリニック、かかりつけ医などお薬手帳を複数持っていて、それぞれを使い分けている

 私はEさんが持っていたお薬手帳を見せてもらうことで、薬疹かどうかについて判断することができました。手帳にこれまでの処方履歴が一括管理されていたことが役に立ったのです。受診する時間を作り、医療費を支払っているのに、渡された情報(シールや手帳)をいいかげんに扱うのは、もったいないことです。

 特に慢性疾患の治療をしている方は、初めてかかる医療機関でお薬手帳を医師に提示すれば、自分で多くを説明しなくとも医師は客観的に判断してくれます。お薬手帳はきちんと管理して、その情報を活用することがキモなのです。

 お薬手帳を上手に活用すると得られるメリットは他にもたくさんあります。

お薬手帳を使うメリット

  • 診療科をまたいだり、複数の医療機関にかかっている場合、飲み合わせや薬の重複をチェックできる。副作用や過量投与によるリスクを減らすことができる。
  • 自分が急に具合が悪くなったときにも、自分の代わりに自分の情報を伝えてくれる。
 

 例えば、整形外科で処方された血管拡張作用のある薬と、内科で処方される血圧を下げる薬、血栓を作りにくくする薬などを一緒に飲むと効果が強まってしまうことがありますが、患者さんは「整形外科」「内科」の薬はまったく別もの、と考えて服薬について告げてくれなかったり、薬の内容を把握できていないことがよくあります。

 また、「ちょっと前に扁桃炎になった」という患者さんに、「いつですか?」と言っても「えーっと、2~3カ月前かなぁ…」と記憶があやふやなときにも、お薬手帳があれば、あなたの代わりに必要な情報を伝えてくれるのです。

 お薬手帳を活用しましょうとお話しすると、「お薬のことは分からないから…」と敷居が高く感じられるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。もらったシールをその都度、忘れずに貼っていけばいいのです。さらに、次の診察までに起きた“気になる出来事”を、メモをしておくとよいでしょう。例えば、疑わしい発疹が出た場合には、処方された薬のシールの近くに「●月●日、かゆみはないが赤い発疹が出た」と書き加えてもらうと、とても診療の助けになります。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」NEW

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.