日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた  > ネットの情報が治療効果を下げている?
印刷

ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた

ネットの情報が治療効果を下げている?

玉石混交の情報とうまく付き合う5カ条

 橋口玲子=緑蔭診療所医師

「医療とは、医師から受けるもの」、こんな一方通行のイメージを私たちは抱いてしまいがちです。しかし、最善の医療は患者がかしこく「手に入れるもの」という発想を持つと、今よりももっと満足のいく治療を受けられたり、医師とのコミュニケーションをもっとうまくできるようになるはずです。臨床経験が豊富で、遠方からの患者を多く受け入れる緑蔭診療所の橋口玲子先生に、知っておくと絶対役立つ、患者の心得を指南してもらいます。

 前回は、医師に対して自分が困っている症状をいかに上手に伝えるか、という技術についてお話をしました。最近、診察の前や治療の合間にインターネット上の情報を覗いて不安を強めたり、治療自体を疑って勝手に止めてしまう患者さんに出会います。根拠が不確かなネット上の情報に振り回されて、不利益をこうむっていませんか。

Dさん(男性)
「アトピーの治療にステロイドを使い始めると、どんどん薬が強くなっていくってネットに書いてありました。しかも、ステロイドは止められなくなるっていうじゃないですか。そんな怖い薬、使いたくないから、2日にいっぺんしか塗っていないんですよ…」

 Dさんはアトピー性皮膚炎を患っている患者さんです。春や秋といった季節の変わり目になると症状がひどくなり、皮膚科にかかるのですが、症状が落ち着いてくると通うのを止めてしまいます。

 他の病気で私の診療所を受診してきたので話を聞くと、どうやらステロイド外用薬への不安感が強く、定められた用法・用量を守っていないとのこと。なかなかアトピー性皮膚炎が良くならず、本人も実はどうしたら良いのか困っていたようでした。

ネット上の情報に飛びつく前に、冷静な判断を

ネット上で公開されている情報は玉石混交であり、誰が誰に向けて書いているのかわからない内容が多いのが事実。(©okolaa-123rf)

 Dさんのように、「ネットでこのような記事を読んだから、この薬は使いたくない」と思う患者さんは少なくありません。

 代表的な例は、Dさんのケースで紹介したステロイド外用薬です。「使うのを止めたら顔がパンパンに腫れ上がって、皮膚がジクジクしてきた」「ステロイドは使い続けると効かなくなって、どんどん強い薬になっていく」―など、副作用が怖い、などネット上では偏った情報が飛び交い、その結果、科学的根拠の乏しい高額な商品を売りつける「アトピー商法」が横行する原因にもなっています。

 しかし、ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎の治療経験を積んできた専門医の下で正しく使用すれば、さほど副作用を心配せずに症状改善に力を発揮してくれます。

 Dさんのように、ネットで仕入れた知識から薬に対する不安を募らせたものの、医師に打ち明けられず、自己判断で使うのを止めてしまったり、使う量を調整してしまった経験は、多くの方が持っているのではないでしょうか。

 もちろん、ステロイド外用薬だけでなく、さまざまな病気や治療法に対して、個人の体験談や考えがネット上でやりとりされています。しかし、ネット上で公開されている情報は玉石混交であり、誰が誰に向けて書いているのかわからない内容が多いのが事実です。

 また、読み手が「薬を使いたくない」などの不安を持っているときこそ、自分の都合がいいように情報を解釈しがちです。活字になっていると、いかにも真実のような気がしてしまうもの。ネットで見かけたケースが、そっくりあなた自身に当てはまるものとは限りません。ネット上の情報で、治療について客観的な情報を整理したり、治療に取り組むやる気を高める分には良いのですが、ときには治療の妨げになる場合もあることを覚えておいてほしいと思います。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.