日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた  > ネットの情報が治療効果を下げている?  > 2ページ目
印刷

ベテランドクターが教える 上手な医者のかかりかた

ネットの情報が治療効果を下げている?

玉石混交の情報とうまく付き合う5カ条

 橋口玲子=緑蔭診療所医師

 以下の5カ条を参考に、ネット上の情報とは、ある程度距離を置いて付き合うようにしてほしいと思います。

ネットとの付き合い方5カ条

  • その情報は何を根拠に書かれているものかを考える
  • それは自分に当てはまることなのかを考える
  • 書き手の経験から出ている、一面的、あるいは感情的な意見ではないかを考える
  • その情報に対する反論はないかについても調べてみる
  • もし、自分の状況に近い情報があり、知りたくなったことや疑問がある場合には、直接、医師に相談する

 Dさんを惑わせたネット上の情報が気になったので、出所を尋ねると、どうやら個人のブログにつづられたものだったようです。私は、「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」を作成している日本皮膚科学会が、アトピー性皮膚炎の治療について一般向けに分かりやすくまとめたページを紹介しました。ちなみに、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン」は現在、多くの医師がアトピー治療の基準として診療で用いているものです。

 その後、Dさんはステロイド外用薬の副作用について中立的な立場で書かれた記事を読み、今度こそ治療を続ける意気込みで、皮膚科に通院しているようです。

ネットの情報で不安になったら医師に相談

 医師の私から見ても、真偽を見紛う情報がネット上には氾濫しています。ネット上の情報を盲信せずに、治療を続ける上で不安に思うことが出てきたら医師に打ち明けてください。そんなニュートラルな考え方を身につけると、医師とのコミュニケーションもうまくなり、自分に本当に役立つ情報が入ってくるようになります。医師は患者一人ひとりの違いを判断し、最善の医療をつねに考えている、ということをぜひ頭の片隅に置いておいてください。

 (まとめ:柳本 操=フリーライター)

橋口 玲子(はしぐち れいこ)
緑蔭診療所(神奈川県南足柄市)医師
橋口 玲子(はしぐち れいこ) 1954年、鹿児島市生まれ。東邦大学医学部を卒業。東邦大学医学部客員講師、および薬学部非常勤講師、国際協力事業団専門家を経て、1994年より現職。現代医学と漢方を併用した診療を行う。循環器専門医、小児科専門医、認定内科医、医学博士。成人および小児の心身症などのメンタルヘルス不調、高血圧、糖尿病などの生活習慣病やアレルギー疾患の診療のほか、ハーブ療法やアロマセラピーを用いたセルフケアに関する講演、執筆活動も行う。
(写真:室川イサオ)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.