日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 太っ腹がケチに変わる時
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

太っ腹がケチに変わる時

メタボは意外と簡単に治る

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

「ここの払いは俺が出すから。いいんだよ、金は天下の回りもの」

太っ腹なところを見せて大盤振る舞い。みんなに酒を奢ってタクシーでご帰還。

「運転手さん、ここで降ろして」

「お客さん、こんな塀の前でいいんですか」

「いいんだよ、この塀の先まで行くとな、いつもメーターが上がるんだ」

 人間って、矛盾だらけの生き物ですよね。タクシー代を節約するくらいなら奢らなきゃいい。だけどこんな矛盾を抱えているのが、人間ってものかもしれません。

 世の中にはケチな人って沢山います。落語にもケチはよく登場しますが、これはもうほとんどが大店(おおだな)の、それも多くは一代で財を成した大旦那。でも落語ではみんな嘲笑の対象になっちゃうんですね。金持ちは江戸っ子とはうまが合わない。そりゃそうでしょう、江戸っ子は「宵越しの銭は持たねえ」というのが美学でしたから、財産を溜め込んでいる商人とは、真逆の価値観でした。

 でもね、江戸っ子の職人だって、仲間内では、「銭を溜めるなんざあ江戸っ子の恥」なんてことを言いながら、じつはこっそり貯金していたりなんかして。十分に考えられますよね。人間って、相反する気質を同時に持っているものです。じつは、我々の身体の中にも、こんな相反する気質も持つものがあるんです。それは「褐色脂肪細胞」なんですね。

 脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の二種類があって、それぞれ働きが異なります。白色脂肪細胞は、余分なカロリーを脂肪として溜め込んで肥大する、つまり太るわけです。ところがね、褐色脂肪細胞というのはその反対で、カロリーが供給されるとどんどんそれを使って(燃焼させて)熱を作り出し、肥満を防いでくれるんです。言わば褐色脂肪細胞は貯蓄が大嫌い、稼いだ銭はすぐ使っちゃう。宵越しの銭は持たねえ、という江戸っ子と同じなわけですよ。

 ところが、この金離れの良い褐色脂肪細胞も、ちょっと矛盾した性格を持っていて、あまりに収入が多くなると、今度はそれを消費することをやめて、貯蓄に転ずるらしいのですよ。東北大学の研究グループは、たくさん食べる、つまりカロリーオーバーになると、褐色脂肪細胞でのエネルギー消費が低下することを発見したのです(*1)。つまり、収入が余分にあり過ぎると、太っ腹がケチに変わってしまうんですね。

 思いっきり食べているうちに脂肪細胞の性格が変わってますます肥満が進む、怖い話ではありませんか。え、「私は、スイーツを見ただけで性格が変わる」・・・よくいるんだ、そういう人。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.