日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 歯磨きしないとボケるって本当?  > 2ページ
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

歯磨きしないとボケるって本当?

ハナシにならないハナシ

 立川らく朝

 でも歯周病は、歯が抜けるだけじゃないんですね。歯を磨かないと心筋梗塞や脳卒中になりやすいんです。「うそ、そんなの関係ないだろ」って、まあ人の話をお聞きなさい。この細菌(歯周病菌)は、口から心臓や脳の血管に辿り着き、そこで炎症を起こします。これがなんと動脈硬化を進めて、心筋梗塞や脳卒中の原因になるんです。

 英国の研究者が、およそ1.2万人の男女(平均年齢は50歳)を調査したんですね。ナニ調べたかって、歯磨きの回数ですよ。対象者のうち、1日に2回歯磨きする人が71%、1回だけという人が24%、1回未満が5%でした。

 さて、この人たちを8年間くらい追跡調査して、心筋梗塞や脳卒中がどのくらい発症したかを調べたんですね。すると、1日に2回歯を磨くグループに比べると、1回しか磨かないグループでは心筋梗塞や脳卒中の発症が1.3倍、そして1回未満のグループでは1.7倍高かったのだそうです(*1)。

 バタンキューで歯を磨かない日が何日もあると、心筋梗塞や脳卒中にかかる確率がドーンと上がるということですよね。どうです、酔っ払っていても、疲れていても、歯を磨きたくなったでしょ。

タダでは死なない奴ら

 まだあるんですよ。歯周病菌が死ぬと、これまた怖いことが起きてくるんです。菌の中から毒素(内毒素)が出て、なんと糖尿病が悪化してしまうんです。タダでは死なない、そんなしぶとい連中なんですね、歯周病菌というのは。

 こうした歯周病による悪影響は、歳を取ってもまだまだ続くんです。じつは歯周病があると、認知症が進行する可能性すら出てきたんですね。もういい加減にしてくれ、ですけど、でもそれほど甘い連中じゃないんですよ。

 これは日本で行われた研究なのですが、マウスを歯周病にして研究したところ、歯周病になったマウスでは、認知機能の低下が認められたんですね(*2)。そりゃね、これはマウスでの話かもしれませんよ。でもだからといって安心してるわけにはいかないんです。マウスだけに、チュウ意が必要なんです。

 歯周病がひどくなって歯が抜けてくると、今度は本当に認知症の危険が忍び寄ってきます。愛知県で行われた研究ですが、65歳以上の人を3年から4年間追跡調査して、歯と認知症の関係を調べました。すると残っている歯の数が少ない人の方が、認知症のリスクが高いことが分かったのです(*3)。

 やっぱり自分の歯で噛むことは大事なんです。歯周病にならないで歯を残すってことは、認知症の予防にもなるんですね。この話をある老人ホームで講演した先生がいたんです。でも相手が高齢者だから、理解してもらうのに苦労したんですって。どうやって話したのか聞いたら、「噛んで含めるように」話したんだってさ…本当?

*1 de Oliveira C, et al. Toothbrushing, inflammation, and risk of cardiovascular disease: results from Scottish Health Survey. BMJ. 2010 May 27;340:c2451. doi: 10.1136/bmj.c2451.
*2 アルツハイマー病修飾因子としての歯周病の可能性に関する研究
http://www.ncgg.go.jp/ncgg-kenkyu/documents/24/24xx-09.pdf
*3 平成22年度厚生労働科学研究
らく朝築地独演会のお知らせ
築地本願寺ブディストホール(東京)
第35回 2015年12月15日(火)19:00開演
らく朝新春独演会 2016年1月21日(木)19:00開演
お申込みはオフィスらく朝(03-6661-8832)、詳細はHPで。

BS日テレ毎月曜日「Dr.らく朝笑いの診察室」放送中。
ラジオNIKKEI第3土曜日「大人のラヂオ」パーソナリティ。
立川らく朝(たてかわ らくちょう)
落語家(医学博士)
立川らく朝(たてかわ らくちょう) 1954年1月26日、長野県に生まれる。1979年、杏林大学医学部卒業。慶応義塾大学医学部内科学教室へ入局。主として脂質異常症の臨床と研究に従事。慶応健康相談センター(人間ドック)医長を勤める。
2000年、46歳にして立川志らく門下に入門、プロの落語家として再出発する。
2004年、立川流家元、立川談志に認められ二つ目昇進。医学博士でもある立場を生かし、健康教育と落語をミックスした「ヘルシートーク」、「健康落語」、「落語&一人芝居」という新ジャンルを開拓。マスコミなどで評判となり全国での公演に飛び回る毎日。また「健康情報を笑いを交えて提供する」というコンセプトで全く新しい講演会を精力的に開催。2015年10月1日付で真打昇進。笑いと健康学会理事。日本ペンクラブ会員。公式HPはこちら
(写真:増田伸也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.