日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 出血大サービス
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

出血大サービス

胃潰瘍とピロリ菌のはなし

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

「おまえ、昨日の会議で部長にかなりやられてたなあ」

「俺、頭来てな、帰りに隣の飲み屋で部長の悪口をさんざん言ってたんだよ。そうしたら部長が店に入ってきちゃってさ」

「じゃあ、慌てたろ」

「ちょうどビール飲んでる時だったからさ、泡食っちゃった」

 ストレス解消にヤケ酒、よくあることです。忘れてしまいたくなるようなストレスなんか毎日ある、って方少なくないですよ。じゃあストレスを解消するったって、ナニするかは難しい。会社から家に帰りつくまでのわずかな時間内に解消したいじゃないの。家で女房に八つ当たりでもしたら、後でこっちが酷い目にあうしさ。もう飲むしか手がないじゃないの…分かるなあ。それはよーく分かるんですけど、でも気をつけて、そんな方は知らないうちに胃潰瘍ができてるかもしれないんですね。胃潰瘍の怖いところは、痛みがないまま進行して、いきなり吐血することがあるんです。これ、下手をすると緊急手術なんですから。

 「ストレス潰瘍」という言葉があるくらい胃袋はストレスに弱いんです。毎日ストレスまみれになって、ひどい胃潰瘍ができてるのに気が付かずに「おい、みんな飲みに行こう」なんて部下を連れてヤケ酒。無理に誘って愚痴を聞かせて、挙げ句に部下に支払いまでさせるわけにいかない。「今日は全部俺のおごりだ」「課長、いいんですか」「いいんだよ、今日は俺、出血大サービスだ」って、突然お店で血を吐いて、これ本当の出血大サービスになっちゃう。救急車で病院に運ばれて、居酒屋で自腹を切ったあとは、今度は手術室で自腹を切ったなんて、洒落にもならないですからね。

 潰瘍というのは、表面の細胞が壊れて中の組織がむき出しになった状態。ちょうどスコップで壁を掘ったような、ひどい有様になってるわけですが、どんどん掘っていくとその下には血管がある。とくに動脈が傷つけば、これはもう大出血することになるわけです。

 ご存じのように、胃の中には胃酸が分泌されています。胃酸ってね、金属をも溶かしてしまうくらいの強烈な酸なんですよ。じゃあどうして胃の細胞は胃酸で溶かされないかというと、胃の表面には胃粘膜という胃壁の細胞を守る物質がバリアーのように覆っているんですね。ところがこのバリアーが壊れたら、胃の細胞はたまらないですよ。胃酸に溶かされて、まるでスコップで掘られたかのごとくやられちゃう。ひとたび胃壁の表面がむき出しになると、いきなり弱くなる。掘れると弱い、こういうのを「ホレた弱味」という…あまり当てにならないけど。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.