日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 昼下がりの悪夢
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

昼下がりの悪夢

睡眠時無呼吸症候群のはなし

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

「夕べは一睡もできなかったよ」

「ええっ! 一睡も?」

「そう、その上最悪でさ、一晩中悪夢にうなされたんだ」

「じゃあ、寝たんじゃん」

人間ドミノ

 電車の座席に座ると、みんなやることは同じだね。まずはスマホのチェック、それが終わると次はとりあえず寝る。以前、私の目の前の座席で、手にスマホを持ったままぐっすり熟睡してる人がいた。スマホを持った片方の手がダラリと下がって、「お、落とすかな」と思ったが落とさない。「いつ落とすだろう」と、期待を込めて今か今かとずっと見ていたら、うっかり乗り過ごしちゃった。

 昼下がりの電車で「全滅」ってときもあった。座ってる人、一列全員見事に熟睡してる。思わず考えたね。座席の一番端に座っている人を横からちょいと突いたら、次から次へ、全員が横倒しにバタバタっと倒れるだろう。人間ドミノだ。その姿を想像しながら思わずクククって…昼間から何やってんだ、俺。

不眠は早死にのもと

 今や日本人の5人に1人、60歳以上では約3人に1人は不眠状態だ(*1)。これだけ睡眠不足の人が多いと、早死にする人が増えるかもしれない。

 慢性的(1年以上)に不眠症がある男性を14年間追跡調査したところ、睡眠時間が6時間未満の人は、死亡率が51.1%だった。それに比べて、毎日6時間以上睡眠をとる人の死亡率はたったの9.1%だったという(2010年)(*2)。あなた、毎日6時間以上、眠ってますか?

 不眠になる代表的な病気が「睡眠時無呼吸症候群」。夜中に呼吸が止まる病気だ。もっとも呼吸が止まると言っても、朝まで止まってるわけじゃない。朝までずっと呼吸が止まってたら、昼間は決して不眠にはならない、こういう時は、永眠となる

 10秒以上呼吸が止まることを「無呼吸」といって、これが夜中に何度も起きるのが睡眠時無呼吸症候群だが、1時間に5回以上、あるいは一晩に30回以上無呼吸がある場合、という診断基準がある。私の友達が病院で検査をしたら、もうちょっとでこの診断基準に満たなくて、医者に言われたそうな、「いやあ、残念、もう一息でした」

 睡眠時無呼吸症候群は、昼間にひどく眠くなり、運転中に交通事故を起こすケースがとても多い。そればかりではなく、高血圧や糖尿病になるリスクが高く、心筋梗塞の発症率も高い。

 心筋梗塞ばかりではない。不眠症患者を対象にした調査の結果、不眠症の人では脳卒中のリスクが54%増加するという報告もある(2014年)(*3)。なぜ不眠がこんなにも危険かというと、寝ているときは安静状態を維持する副交感神経が活躍するが、不眠になると、ストレス状態で興奮する交感神経が活動してしまう。交感神経は闘いに備えて血圧を上げ、血糖値を上げてしまう。24時間闘える身体って、実は早死にする身体なのだ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.