日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > オフィスで前立腺がんを予防する方法
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

オフィスで前立腺がんを予防する方法

トイレで分かる男の年齢

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

“病気占い”というパチンコ台があって、全部の穴に、高血圧やら心筋梗塞やら、病気の名前が書いてある。

ある穴に玉が入ったが、なかなかチンジャラ出て来ない。

「おーい、店員さん、ちっとも出て来ないよ」

「どの穴に入ったんです」

「この穴だよ」

「ああ、ここは出るのに時間がかかるんですよ」

「どうして」

「これ、前立腺肥大の穴ですから」

 年齢のバロメーター、まあいろいろありますよね。これは女性にはわからないだろうけど、男性はね、駅のトイレなんかでいわゆる“連れション”ってのがあるでしょ。これ、おしっこにかかる時間の差がお互いにはっきり分かるんですよ。ある程度の年齢になると、隣の人よりおしっこが長かったりすると、これは気になる。他人のおしっこの所要時間が気になり出したら、これはもう歳を取った証拠、立派なバロメーターなんです。

 負けず嫌いの人なんかは、トイレの隣人が同じ年格好だったりすると、何とかして隣の奴より早く終わろうと思うのね。メンツをかけて早く終わりたい。だから隣人が自分より早く終わりそうになると、おしっこを途中で止めて慌てて外に出る…そんなわけないか。

 前立腺肥大症は年寄り病などと言われたりするのですが、確かに高齢者に多いんですね。たとえば前立腺を顕微鏡で見ると、50歳では4割くらいなのが、85歳になるとナンと約9割の人に前立腺肥大があるんです。もっとも症状が現れるのはその内の一部なのですが、最近は高齢化が進んでいるためでしょうか、前立腺肥大症はますます増えてきています。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.