日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 鰻は身体に良いのか悪いのか  > 2ページ
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

鰻は身体に良いのか悪いのか

土用の丑には何食べる

 立川らく朝

魚の脂は一味違う

 さて、それでは本当に、鰻は脂肪分が多いから身体に悪い食べ物なのでしょうか。鰻はカロリーが高くて生活習慣病の原因になるんじゃないかと心配する方がいらっしゃいます。でも鰻丼1人前のカロリーはおよそ500キロカロリー弱。カツ丼だと800から900キロカロリーはありますから、忌み嫌うほどのカロリーではないようです。しかも鰻は当たり前だけど魚なんですね。魚の脂は一味違うんですよ。

 ブリ、サバ、サンマなどの青魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)という脂肪酸が豊富なことは今や有名です。EPAやDHAは、悪玉の LDLコレステロールを減らして動脈硬化を防いだり、血液サラサラにして血栓を予防するといった作用が確かめられています。ちょっと意外かもしれませんが、川魚である鰻、じつはこのEPAとDHAがすっごくたくさん含まれているんです。

 厚生労働省研究班による、「NIPPON DATA(ニッポンデータ)研究」という長期追跡研究(*1)で、凄いことが分かりました。これは9000人以上の人を24年間にわたって追跡調査した結果なのですが、EPAとDHAをどのくらい食べているかで、4つのグループに分けたんですね。そしてそれぞれに、どのくらい脳卒中や心筋梗塞が発症したかを見たんです。すると、EPAとDHAの摂取量が最も多いグループでは、最も少ないグループに比べて、脳卒中や心筋梗塞による死亡率が20%も低かったんだそうです。

 鰻は生活習慣病の原因になるどころか、実は脳卒中や心筋梗塞を防いでくれるなんて、嬉しいじゃないですか。こんな情報を出したら、蒲焼きの売れ行きは、鰻上りになるかもね。

夏は鰻か牛肉か

 ところで脳梗塞って、夏に多いってことご存じでしたか。脳梗塞は何となく冬場の病気のように思われがちなのですが、夏に発症することが多いんです。というのも、夏は暑いから汗をかくでしょ。すると身体の水分が減って、血液がドロドロになって固まりやすくなります。血液が固まったものが血栓、これが脳の血管を塞いでしまったものが脳梗塞なんですね。ですから夏場こそ、血液サラサラにしておきたいんです。そこでありがたいのが、EPAとDHAというわけなんですよ。

 さらに鰻には、免疫力を高めてくれるビタミンAや、疲労回復に効果のあるビタミンBが豊富、さらに鉄分やカルシウムなどのミネラルもたっぷり。こうやって見てみると、夏に食べたい食材となると、やっぱり鰻が浮上してきますよね。「さあスタミナ付けるぞ」って焼き肉屋に行くくらいなら、鰻屋に行く方が理にかなってるかもしれません。

 え、「でもやっぱり俺は肉好きだ」って? そりゃあ好みだからさ、お肉が悪いって言ってるわけじゃないけど。そうそう、豚肉はビタミンBが豊富で、え、「肉はやっぱり牛肉に限る」、強情だねえあなたも。「牛はサーロインが最高」って、まあいいけどさ。でもあんまり散財して帰ると家で奥さんが、角出して待ってるよ。

*1 Long chain n-3 polyunsaturated fatty acids intake and cardiovascular disease mortality risk in Japanese: a24‐year folow-up of NIPPON DATA80. Atherosclerosis 2014; 232(2): 384-389.
らく朝築地独演会のお知らせ
築地本願寺ブディストホール(東京)
第32回 2015年8月4日(火)19:00開演
第33回 2015年9月7日(月)19:00開演
お申込みはオフィスらく朝(03-6661-8832)、詳細はHPで。

BS日テレ毎土曜日「Dr.らく朝笑いの診察室」放送中。
ラジオNIKKEI第3土曜日「大人のラヂオ」パーソナリティ。
立川らく朝(たてかわ らくちょう)
落語家(医学博士)
立川らく朝(たてかわ らくちょう) 1954年1月26日、長野県に生まれる。1979年、杏林大学医学部卒業。慶応義塾大学医学部内科学教室へ入局。主として脂質異常症の臨床と研究に従事。慶応健康相談センター(人間ドック)医長を勤める。
2000年、46歳にして立川志らく門下に入門、プロの落語家として再出発する。
2004年、立川流家元、立川談志に認められ二つ目昇進。医学博士でもある立場を生かし、健康教育と落語をミックスした「ヘルシートーク」、「健康落語」、「落語&一人芝居」という新ジャンルを開拓。マスコミなどで評判となり全国での公演に飛び回る毎日。また「健康情報を笑いを交えて提供する」というコンセプトで全く新しい講演会を精力的に開催。2015年10月1日付で真打昇進。笑いと健康学会理事。日本ペンクラブ会員。公式HPはこちら
(写真:増田伸也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.