日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 握力が下がると死亡率が上がる
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

握力が下がると死亡率が上がる

婚活には握力計

 立川らく朝

(イラスト:つぼいひろき)

「おまえ、ゴルフ部の先輩とマッチプレーやったんだって、どっちが勝ったんだよ」

「もち、現役の俺だよ。先輩はもう社会人だもんな。でも俺、最後のホール、ダブルボギーだったんだ」

「それでよく勝てたなあ。先輩はどうだったんだよ」

「OBだった」

 ゴルフはグリップが命だといわれます。私はゴルフはあまりやりませんが、握力があればいいってもんじゃないらしいんですね。手のひらがしっくりとクラブに収まるような握り方が大事なんですって。考えてみれば手のひらというのは、体と道具との接点なのですから、そりゃあ大事ですわなあ。

 手のひらが接点になるのは握手も同じ、人と人との接点ですよね。握手する時には、しっかり相手の手を握りしめるのが礼儀なんだそうです。

 先日落語会のあと、お客様へご挨拶をするため会場のロビーに出ました。すると向こうから、まるで相撲取りのような体格の男性が近づいてきます。しかも結構な勢いで、一直線にズンズンと。さすがにちょっとビビりますよ。思わず後ずさりすると、その相撲取りのような方、私の帯のあたりにぐっと手を付き出す。とたんに私、そうか前ミツを取りに来たな(そんなわけないだろ)。するとその方、「らく朝さん、握手してください」。なんのことはない、お客様から握手を求められたんですね。

 私、ニッコリ笑って手を出したのですが、その方の手の大きくて分厚いこと。しかも力があるんだ。両手で渾身の力で握り締められた。手が痛いのなんのって。そりゃね、渾身の力じゃなかったんだろうけど、手のひらの骨が折れるかと、マジで不安がよぎったんです。でも相手は落語会のお客様、私は笑顔で「有り難うございます」。顔で笑って心で泣いて、なんてもんじゃない。痛みをこらえながら、顔で笑って心で「ウ~~」と唸ってました。ものには限度ってものがあらあね。

婚活には握力計

 もっともね、握手はしっかりと強く握り合う、これが友好の証になるわけです。ビジネスでもそうです、弱々しく手を握るような相手をビジネスパートナーにしたいとは思わないでしょう。手に力が入ってないと、なんとなく頼りなげですもんね。でもね、健康に関しても似たようなことがあって、実は握力と健康って、とても強い関係があったんです。

 カナダのマクマスター大学がちょっと変わった調査をしました。35歳から70歳にいたるまで、世界17カ国の男女、約14万人の握力を測定したのです。そして、握力と死亡リスクに関係があるかどうかを調べたんですって。暇、といえば暇ですよ。だって握力と死亡リスクとの関係だなんて、これで何の結果も出なかったら、この人単なる暇人で終わるわけでしょ。でも、驚くべき成果があったのですよ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.