日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 命懸けの朝ご飯
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

命懸けの朝ご飯

朝ご飯を抜くと脳出血に

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

広島行きの飛行機が強風で欠航、急遽新幹線で行こうと東京駅に。しかしキップ売り場は長蛇の列、ようやくキップを手にして、

「よし、全力疾走で階段を上って。まずい、発車の合図が鳴ってる…ああ間一髪間に合った、良かった。これ逃したら、遅刻するところだった」

新幹線のデッキでゼーゼーいっていると、通りかかったのが車掌、

「お客さん、間に合って良かったですねえ」

「そうなんです、これが最後の、“のぞみ”だったんです

 私なんかは出張が多いものですから、新幹線には本当にお世話になっております。今では新幹線通勤なんてものがあって、便利な世の中になりました。でも昔も昔、まだ「国電」と呼んでいたあの頃、当時の通勤ラッシュの凄さを「酷電」と揶揄していた時代がありました。でも今だって通勤の大変さは変わらないですよ。1時間半も2時間もかけて通勤するお父さんたちってザラにいます。朝なんか早く家を出るから朝ご飯を食べる暇がない。そんな時は、駅のホームのサンドイッチコーナーで済ませたりしてるお父さんだっているんですね。

 のんびり食べてるわけじゃないんですよ。なんとか電車が来るまでに食べ終わりたい、でもそうもいかないんですね。食べてる途中で通勤快速が来ちゃった。でもサンドイッチは食べかけ。それでも食べ残すのも嫌だから、ぎりぎりまで食べてるわけ。通勤快速がホームに止まってドアが開いても、まだ食べてる。じゃあいつ電車に乗るんだっていうと、電車の扉が閉まる寸前、食べかけのサンドイッチを片手に満員電車の中に飛び込むんです。そうすると乗ったとたんに、お父さんの背中でドアがバーと閉まって、もう間一髪。こんな綱渡りをやってんですよね。毎朝毎朝、綱渡りしながら、食べてるサンドイッチが「ツナサンド」だったりなんかして。やっぱり朝は、もう少しのんびりしたいものです。

朝ご飯を食べないと脳出血

 朝ご飯は大切だ、とはよく言われます。でもそう言われてもねえ。夜が遅けりゃ寝るのも遅い、そうなりゃ朝が眠いのは道理です。でも朝食べないで、空腹状態で仕事に突入、「お腹がすいたなあ」なんてお昼まで我慢してるってのはあまり良いことではないんですね。実は、朝ご飯を食べない人は脳出血を起こしやすい、というデータが発表されました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.