日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > ふて寝のススメ  > 2ページ
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

ふて寝のススメ

仕事が上手くいかないと糖尿病になる

 立川らく朝

ストレスは糖尿の始まり?

 ストレス解消に飲み食いする人が多いとなると、ストレスの多い人には糖尿病だって多いはず。ものすごく短絡的な考え方ですが、実際に調べてみたら、じつはストレスと糖尿病って、すっごく密接な関係にあることが分かったんです。

 ドイツはミュンヘン、ここのヘルムホルツセンターというところで調査をした結果なのですが、職場での仕事で強いプレッシャーを感じている人では、あまりプレッシャーを感じていない人に比べて、2型糖尿病(肥満によって発症する、最も多いタイプの糖尿病)の発症リスクが45%も高かったのだそうです(*1)。これは5000人以上の労働者を13年間にわたり追跡調査した結果ですから、かなり信憑性は高いですよね。

 一方こちらはカナダですが、オンタリオ州に住んでいる男性3691人と女性3752人(いずれも糖尿病でない人達です)を9年間にわたって追跡調査したというのですから、これも結構規模の大きな研究です。

 調査の期間中に男性の10.3%、女性の6.9%が糖尿病を発症しました。さあ、この人達を、仕事がうまくいっている人とそうでない人とで糖尿病の発症率を比べてみたんですね。どうなったと思いますか。もっとも仕事がうまくいっていない女性の場合、糖尿病を発症した割合が2倍以上に増えていたんですって(*2)。でも、男性では明らかな差はなかったそうです。もしかしたら、女性の方がストレスによる影響が強く出るのかもしれないですね。

お腹が空くと喧嘩が始まる

 これは女性に限らないのですが、ストレスによって様々なホルモンが過剰に分泌され、その結果血糖値を上げてしまうんですね。たとえばアドレナリン。これは副腎という臓器から分泌されるホルモンですが、ストレスを感じると分泌が高まり、血圧を上げたりすると同時に、血糖値も上昇させてしまいます。

 あ、そうそう、話は変わるけど、このアドレナリン、じつは空腹になると分泌されるんですよ。お腹が空いてりゃ血糖値だって下がってる。そうするとアドレナリンが分泌されて血糖値を高めようとするんですね。でもアドレナリンが増えると闘争的になるから喧嘩の原因にもなっちゃう。オフィスで喧嘩が起きるのは、一番お腹が空いているお昼ご飯の直前、こうやって真っ昼間に喧嘩を起こさせるような血糖値のことを、「真昼のケットウ」という。

*1 Huth C, et al. Job strain as a risk factor for the onset of type 2 diabetes mellitus: findings from the MONICA/KORA Augsburg cohort study. Psychosomatic Medicine. 2014;76(7):562-568.
*2 Smith PM, et al. The psychosocial work environment and incident diabetes in Ontario, Canada. Occupational Medicine. 2012;62(6):413-419.

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.