日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > お洒落に骨を強くする方法  > 2ページ
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

お洒落に骨を強くする方法

女子会やるなら何にする

 立川らく朝

 地中海料理は、ニンニクや緑黄色野菜が豊富で、しかも魚貝類が中心。さらに豆類、ナッツ類をよく用いて、脂肪分のほとんどはオリーブオイル。こんな特徴があるためか、心臓病を予防する、がんや認知症を防ぐなどとすこぶる評判が良いのです。それだけじゃないんですね、最近では骨粗鬆症の予防にも効果があると注目されています。実際に地中海料理を食べている人達には骨粗鬆症が少ないことが知られているんです。

 実は、骨というのは壊されたり(骨吸収)造られたり(骨形成)を常に繰り返していますが、骨を作る細胞(骨芽細胞)がどんどん骨を作る時には、オステオカルシンという物質が作られます。この血中濃度は骨形成の指標となると考えられていますが、オリーブオイルが豊富な地中海式の食事を続けている人たちは、血中のオステオカルシンが上昇していることがわかりました(*1)。

 この結果は、スペインの約200カ所の医療機関で実施されている、地中海食による予防研究(PREDIMED)によって報告されました。スペイン料理大好きという方、多いかも。私も大好物で、オリーブオイルとニンニクでシンプルに仕上げたマッシュルームには目がなくて、ついワインを飲み過ぎちゃう。でもさ、闘牛の国の料理だけに、あまり飲み過ぎると、奥さんにも角が生えるから気を付けた方が良いかもよ。

骨の量が増える飲み物

 ところで、地中海料理のあとは何を飲みますか。え、「食後はやっぱりブランデー」、そうじゃなくて。食後はコーヒーか、人によってはエスプレッソという方もいるのでしょうが、ここは一つ、紅茶といこうじゃありませんか。

 大阪大学免疫学フロンティア研究センターの研究グループは、紅茶のテアフラビンという成分が骨粗鬆症を改善することを発表しました。なんでも遺伝子に作用することで骨吸収を抑制するとのこと。骨粗鬆症にしたマウス(可哀想だなあ)に、テアフラビンを3週間投与したら、骨の量がほぼ正常に回復しました(*2)。すごいでしょ紅茶って。

 骨粗鬆症はなんといっても女性に多い病気。女子会やるなら地中海料理、そして最後のシメは紅茶。でもね、この効果を得るためには、紅茶を一日に20杯飲む必要があるんですって。「今さらそんなこと言う?」、まあいいじゃないの。一日中ティーバッグを持ち歩いていれば可能かもよ。え、「私は毎日Tバック」って、それは下着の話だ。

らく朝築地独演会のお知らせ
築地本願寺ブディストホール(東京)
第40回 2016年4月18日(月)19:00開演
第41回 2016年5月17日(火)19:00開演
お申込みはオフィスらく朝(03-6661-8832)、詳細はHPで。

BS日テレ毎月曜日「Dr.らく朝笑いの診察室」放送中。
ラジオNIKKEI第3土曜日「大人のラヂオ」パーソナリティ。
立川らく朝(たてかわ らくちょう)
落語家(医学博士)
立川らく朝(たてかわ らくちょう) 1954年1月26日、長野県に生まれる。1979年、杏林大学医学部卒業。慶応義塾大学医学部内科学教室へ入局。主として脂質異常症の臨床と研究に従事。慶応健康相談センター(人間ドック)医長を勤める。
2000年、46歳にして立川志らく門下に入門、プロの落語家として再出発する。
2004年、立川流家元、立川談志に認められ二つ目昇進。医学博士でもある立場を生かし、健康教育と落語をミックスした「ヘルシートーク」、「健康落語」、「落語&一人芝居」という新ジャンルを開拓。マスコミなどで評判となり全国での公演に飛び回る毎日。また「健康情報を笑いを交えて提供する」というコンセプトで全く新しい講演会を精力的に開催。2015年10月1日付で真打昇進。笑いと健康学会理事。日本ペンクラブ会員。公式HPはこちら
(写真:増田伸也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.