日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 仕事帰りに乾燥肌を治す方法
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

仕事帰りに乾燥肌を治す方法

美しい女性は日本酒がお好き

 立川らく朝

健康に気をつけるべき、体に悪い習慣は改めるべき、とわかっていても、「そんなの無理だよ、できないよ」というのが、日々忙しく働く人たちのホンネ。落語家であり医学博士でもある立川らく朝さんが、現代社会に生きるビジネスパーソンへの共感を込めてつづる健康エッセイ。読んでほっこり癒されて!

(イラスト:つぼいひろき)

ある居酒屋、猪口を片手に客がお姐さんに聞きました。

「このお酒、美味しいね。なんというお酒なの」

「あ、そのお酒は、清酒でございます」

「それはわかってんの。だから、知りたいのは、清酒のナニ?」

するとお姐さん、奥に引っ込んじゃった。でもまた戻って来て、

「失礼しました、聞いてまいりました。それ清酒の、熱燗です

 熱燗が恋しい季節です。「今日はやめておこう、早く家に帰ろう」と思いつつ、はっと気が付くと居酒屋のカウンターで徳利を傾けてた、なんてことありません?

 分かります、分かります。冬の居酒屋は働く男の憩いの場所、吸い寄せられるのは当たり前。ところがですね、近頃では女性だって赤提灯やネオンに吸い寄せられるみたいです。「そりゃ当たり前、女は夜の蛾だ」、ってそれを言うなら、夜の蝶でしょ。

 それにしても、女性がお酒を飲む姿って様々ですよね。中には豪快な飲みっぷりの人もいるし、「あんたどこのオジさんだよ」と突っ込みたくなるような飲み方する女性もいる。でもやっぱりさ、女性のお酒を飲む姿にはどこか色気が無くちゃ。

 女性のお酒で色気を感じるのは、何と言っても燗酒ですよ。第一、形がいい。両手を猪口に添えて飲む、あの小さな仕草、お酌をする時の肩を落とした、あの斜めの姿勢。日本酒だからこそ生まれる姿です。

 なぜか私は、ぬる燗より熱燗の方が好き。女性にお酌してもらって嬉しいのは、やっぱり熱燗ですよ。べつに四畳半でなくてもいいんです。北風に吹かれながら呑み屋へ飛び込んで、女性から(この際、相手に関しては贅沢は言わない)「さ、どうぞ」なんてお酌してもらう。「どうも」なんて言いながら、熱めの酒を口に含んだとたん「ホッと」するのは何故なんでしょう。そりゃ当たり前、熱燗なんだから「ホット」(ああ、寒い洒落だ)。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.