日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」  > 3日前のお昼ご飯  > 2ページ
印刷

立川らく朝の「わかっちゃいるけど…」

3日前のお昼ご飯

ずぼらでもできる惚け予防

 立川らく朝

ずぼら人間の惚け予防

 さあ、何とかこの認知症、遠ざけたいじゃありませんか。昔から、運動することは惚け予防になるといわれています。それを裏付ける研究結果もたくさんあるんですが、皆さんの中には運動嫌いの人もけっこう多いですよね。「惚けたくないけど運動もヤダ」なんていうワガママな人、誰とは言いませんが、ちょっと耳寄りな話があるんですよ。

 運動嫌いな人に無理矢理に激しい運動させてもストレスの元になるもの。でもね、どんな運動嫌いでも、軽い運動ならストレス発散になるじゃないですか。これは筑波大学が東京大学の協力を得て調査した結果で、「米国アカデミー紀要(PNAS)」にも掲載されたのですが、ストレスを伴わない程度の軽い運動で、海馬の神経新生が高まることを発表したんです(*1)。記憶を司るとても大切な海馬の神経細胞が、ストレスを感じない程度のごく軽い運動で増えちゃうなんて、ずぼら人間には朗報じゃないですか。

 ただね、認知症というのは高齢になってから出てくるもの。だったら高齢者にとっても運動の効果がないとつまらない。歳取ったらもうお手上げ、っていうんじゃあまりにも愛想ないもんね。ところが、80歳以上になってもなお、運動には認知症予防の効果があるらしいんです。

 もっともね、高齢になるとそうそう運動はできないですよ。でも、ウォーキングくらいはできるし、日常の掃除や料理などの家事でもそこそこの運動にはなるわけです。じつはこの程度の運動量でも、アルツハイマー病の発症を予防できるらしいんですよ。

 これは、なんと平均年齢82歳の人たち716人を、3~4年間追跡調査して分かったのですが、毎日の運動量、というよりはこの場合、身体活動の量と言った方が適当だと思うけど、それを綿密に調べて活動量によってグループ分けするんですね。そうすると、活動量が下位10%のグループでは、上位10%のグループに比べて、アルツハイマー病を発症する割合が2.3倍多かったのだそうです。また、身体活動の強度で調べても、下位10%のグループでは上位10%のグループに比べ、アルツハイマー病の発症が2.8倍に上昇していたんですって(*2)。

 物忘れに怯えているより、いくつになっても楽しく汗を流す。やっぱりこれが一番でしょうね。それに惚け予防にはやっぱり頭を回転させたいもの。そうすると、頭と身体と両方使う趣味を持つのが理想的。私思うんですけど、ゴルフなんかいいですよ。ものぐさなあなたは、チンタラゴルフで十分。だってゴルフはクレバーなスポーツといわれて、頭と身体と両方使うんです。とくにプロはそうですね。プロの試合はバカじゃ勝てないんですよ。だって、プロの試合は、パーじゃ勝てない…あれ、ちょっと意味が違うかな。

*1 Okamoto M, et al. Mild exercise increases dihydrotestosterone in hippocampus providing evidence for androgenic mediation of neurogenesis. PNAS 2012 109 (32) 13100-13105; published ahead of print July 17, 2012. 筑波大学によるリリースはこちら
*2 Buchman AS, et al. Total daily physical activity and the risk of AD and cognitive decline in older adults. Neurology. 2012;78(17):1323-9.
らく朝築地独演会のお知らせ
築地本願寺ブディストホール(東京)
第27回 2015年3月10日(火)19:00開演
第28回 2015年4月13日(月)19:00開演
お申込みはオフィスらく朝(03-6661-8832)、詳細はHPで。

BS日テレ毎土曜日「Dr.らく朝笑いの診察室」放送中。
ラジオNIKKEI第3土曜日「大人のラヂオ」パーソナリティ。
立川らく朝(たてかわ らくちょう)
落語家(医学博士)
立川らく朝(たてかわ らくちょう) 1954年1月26日、長野県に生まれる。1979年、杏林大学医学部卒業。慶応義塾大学医学部内科学教室へ入局。主として脂質異常症の臨床と研究に従事。慶応健康相談センター(人間ドック)医長を勤める。
2000年、46歳にして立川志らく門下に入門、プロの落語家として再出発する。
2004年、立川流家元、立川談志に認められ二つ目昇進。医学博士でもある立場を生かし、健康教育と落語をミックスした「ヘルシートーク」、「健康落語」、「落語&一人芝居」という新ジャンルを開拓。マスコミなどで評判となり全国での公演に飛び回る毎日。また「健康情報を笑いを交えて提供する」というコンセプトで全く新しい講演会を精力的に開催。2015年10月1日付で真打昇進。笑いと健康学会理事。日本ペンクラブ会員。公式HPはこちら
(写真:増田伸也)

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.