日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Dr.らく朝の「わかっちゃいるけど・・・」  > タバコ怪談噺  > 2ページ目
印刷

Dr.らく朝の「わかっちゃいるけど・・・」

タバコ怪談噺

タバコ1箱で4時間寿命が縮む?

 立川らく朝

禁煙すると記憶力が良くなる

 今では禁煙を志す人も増えてきて、あちこちで禁煙教室なるものが開かれています。ある禁煙教室で、生徒がタバコを吸いながら聞いていた。さすがに講師の先生も文句を言いたくなりますよ。「あなたねえ、1時間の禁煙教室の間くらいタバコ我慢できないんですか」「冗談言っちゃあいけない。1時間我慢できるくらいなら、禁煙教室なんか受けに来ませんよ」。講師の先生、なるほどと納得、何も言えなくなったんだそうです。

 まあ、タバコをやめるのは大変ですよね。かく言う私も、学生時代はタバコを吸っていました。実習で疲れた時、あるいは徹夜明け、そんなときの一服は格別でした。疲労すれば疲労しただけ、タバコって旨いんですよね。お父さん達だって疲れますよ。会社に入ったからって受験勉強から解放されるわけじゃないもの。やれ資格試験だのTOEICだのと会社から義務付けられて、「なんで今更こんな勉強しなくちゃなんないんだ」って、会社を呪いながらシュパっとタバコに火をつける。でもね、どうせ火をつけるなら、タバコより会社に火をつけた方が手っ取り早いんじゃないかって…おっと、本当にやられても困るけど。

 でもやっぱり、タバコを吸いながらの勉強はやめた方がいいんです。タバコを吸うと、学習能力が低下する、認知機能が低下する、ということはよく知られています。ただし、禁煙すると記憶力が25%も良くなるってデータもあるんですね(*4)。

 「だからってやめられないよ」。分かります、分かります。でもね、私のことをお話しますと、私、禁煙した覚えはないのに、今ではまったく吸わないんです。どうしたかっていうと、タバコを持ち歩くのをやめたんですよ。吸う時は貰いタバコ、と徹したんですね。そうすると、禁煙した気がしない。吸いたいときは吸えばいいって思ってるからストレスがない。でも実際には、タバコを気楽に奪える相手ってそんなに多くはないから、極端に喫煙回数は減って、そのうち吸いたいとも思わなくなっちゃった。こんな方法も、一つの手かもしれません。

 とにもかくにも、タバコは肺疾患の最たる原因。今から気をつけましょうや。タバコを吸った挙げ句に、今度は管から酸素を吸うようになったなんて、洒落にもならないですもんね。

らく朝築地独演会のお知らせ
築地本願寺ブディストホール(東京)
第26回 2015年2月16日(月)19:00開演
第27回 2015年3月10日(火)19:00開演
お申込みはオフィスらく朝(03-6661-8832)、詳細はHPで。

BS日テレ毎土曜日「Dr.らく朝笑いの診察室」放送中。
ラジオNIKKEI第3土曜日「大人のラヂオ」パーソナリティ。
東京スポーツ「Dr.らく朝のお笑い健康噺」連載中。
立川らく朝(たてかわ らくちょう)
落語家、医師(日本内科学会認定内科医、医学博士)
立川らく朝(たてかわ らくちょう) 1954年1月26日、長野県に生まれる。 1979年、杏林大学医学部卒業。慶応義塾大学医学部内科学教室へ入局。主として脂質異常症の臨床と研究に従事。慶応健康相談センター(人間ドック)医長を勤める。
2000年、46歳にして立川志らく門下に入門、プロの落語家としても活動を開始。
2002年、東京表参道にクリニックを開設。以後、院長として内科診療にあたる。
2004年、立川流家元、立川談志に認められ二つ目昇進。 医師でもある立場を生かし、健康教育と落語をミックスした「ヘルシートーク」、「健康落語」、「落語&一人芝居」という新ジャンルを開拓。マスコミなどで評判となり全国での公演に飛び回る毎日。 また「健康情報を笑いを交えて提供する」というコンセプトで全く新しい講演会を精力的に開催。 笑いと健康学会理事。日本ペンクラブ会員。公式HPはこちら
(写真:増田伸也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.