日経 Gooday

ホーム  > コラム  > 森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」  > 乳がん、子宮がん、卵巣がん発見のための検診選び  > 4ページ

森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」

乳がん、子宮がん、卵巣がん発見のための検診選び

北斗晶さんの乳がん報道、女性特有のがんを専門医はこう見る

 森山紀之=東京ミッドタウンクリニック健診センター長 常務理事

子宮体がん~2年に1度、任意型検診で対応する

 子宮体がんは、40代以上から増えるがんです。早期に発見するためには、細胞診と経腟(けいちつ)超音波検査を組み合わせて行います。先の頸部のがんを対象とした細胞診では50%前後が見逃されるため、子宮体がんのための任意型検診を受ける必要があります。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.