肝臓、胆管(胆嚢)、膵臓といった臓器に発症したがんは、現代の医療でも難治性が高く厄介。早期発見に務めるならば、自己負担による「任意型検診」を受ける必要がある。(©ariadna de raadt-123rf)

記事に戻る