日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」  > ロボット、放射線、内視鏡…がん治療の「今」を知る  > 4ページ目

森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」

ロボット、放射線、内視鏡…がん治療の「今」を知る

今は「いかに負担なく患者さんを治すか」が問われる時代

 森山紀之=東京ミッドタウンクリニック健診センター長 常務理事

ピンポイントで狙える陽子線や重粒子線

 新しいタイプの放射線療法も登場しています。放射線として、X線などではなく陽子線や重粒子線を使う治療法です。

 陽子線治療重粒子線治療の特徴は、身体の一定の深さに達したところでエネルギーを放出させることが可能であることです。これにより、がん細胞だけにピンポイントで照射することができ、がん病変部周囲の正常な組織に対する副作用を少なく抑えることができます。例えば、心臓のすぐ近くに腫瘍ができて、開胸したら心不全を起こしてしまうような場合には、唯一の治療の選択肢となります。なお、陽子線治療と重粒子線治療は、基本的な仕組みは同じですが、重粒子線の方が高出力で一撃の力は強くなります。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.