「がんとひと口に言っても、200種類ものタイプに分けられます。発症した部位によって性質は異なりますし、同じ部位のどこに発症したかによっても治療や経過が変わってきます。複雑で理解しづらいことが、がんになった当事者を含む、一般の人たちへの怖さを助長しているのかもしれません」(© takasu-Fotolia.com)

記事に戻る