日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 「歯の痛み」から始まった悲劇  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 「歯の痛み」から始まった悲劇

第40回…歯痛、腰痛、睡眠不足の3大苦をなんとか乗り越える

 石原良純

腰の痛みは、歯の痛みからきていた?

 以来、5日間の断酒、2週間の節食の後、さらなる悲劇は起こった。朝、目覚めたら腰が痛くて動けない。掛け布団をのけても、寝床から起きあがれない。慎重に体勢を入れ変えて、ゆっくり、ゆっくり体を起こす。ギックリ腰なら、何より動かないこと。だが、年末の忙しい時にそんな悠長なことは言っていられない。とにかく鍼の予約を取る。腰が痛くなったら神宮前鍼療所の岡田先生を頼るのが、僕の鉄則。

 どうやら腰の痛みも、本を正せば歯の痛みからきているようだ。噛み合わせが悪いから首が凝る。首から肩へ背中へと負担が広がって、腰痛を発症したようだ。思えば先年は、走り過ぎて足の疲れが腰にきた。朝、起きたら突然の腰痛と、まったく同じ症状だ。

 以前の僕は、よく眠りさえすれば体調は良くなるとばかり思っていた。眠れば疲れもとれる、熱も下がる。どんな薬よりも睡眠が大切と思っていた。なのに眠っている間に腰が痛くなるなんて、僕の睡眠神話が崩れてしまった。

 その昔、不眠症だった僕は、人一番、睡眠時間に敏感だ。朝、時計を眺めて、昨晩何時に寝たから睡眠時間は何時間だと計算する。

1月2日の深夜放送の『大人のワイドショー』(日本テレビ)に登場する石原良純さん。今回のテーマは“インスタ映え”。石原さんは、謎の“ファッション・ドリーマー”にコーディネイトされました。

 睡眠時間5時間が僕の危険水域。5時間眠れていればその日一日、元気に活動する自信がある。5時間切れが、4、5日続けば、僕は確実にばったり倒れる。5時間眠れなかった翌日は、二晩たして11時間睡眠を一つの目安とし睡眠を確保する。4時間しか眠れていなければ、7時間。3時間ならば8時間。二晩で計11時間眠れば僕は安心する。

 ところが最近、せっかく遅くまで寝ていられる朝でも眠っていられない。窓からもれ入る光が、まだ薄暗い。街が動き出した気配がない。掛け布団に潜り込んで、ゆっくり息を整えても、目が冴えてくる。やむなく目覚まし時計に手を延ばすと、まだ6時。8時間睡眠なんてとれやしない。

 なんかねぇ、これも年を取ったということなのでしょう。それでも歯痛、腰痛、睡眠不足を乗り越えて、無事に年の瀬を迎えられそうだ。

『相棒 元旦スペシャル』ではトップ官僚役で登場

 腰痛で心配された、毎年恒例のゴルフ対決番組『中村雅俊・石原良純と女子プロの新春ゴルフペアマッチ2018』(テレビ愛知)の収録も無事に乗り切った。例年より僕のゴルフの出来が良く、白熱の一戦となった。結局、この番組が面白くなるか否かは、僕のゴルフの調子一つだったようだ。

 年末年始の年またぎクイズ番組『くりぃむ VS 林修!超クイズサバイバー』(テレビ朝日)は、収録時間12時間の超大型番組。果たして賞金100万円はゲットできたのか。僕の活躍は、年末のお楽しみ。

『相棒 元旦スペシャル』(テレビ朝日)に、トップ官僚「内閣情報官」役で出演する石原良純さん。2018年1月1日の夜9時放送。(写真提供:テレビ朝日)

 世相をゆるく斬る『大人のワイドショー』(日本テレビ)は第三弾。1月2日、深夜枠に初登場。僕は今年の流行語大賞にも選ばれた“インスタ映え”を追って取材に出る。謎の“ファッション・ドリーマー”にコーディネイトされた僕は、インスタ映えするようになったのか。

 そして、僕は『相棒 元旦スペシャル』(テレビ朝日)にも登場する。右京さん冠城さんの相棒チームに加わることはできたのか。それとも敵役。それも、お楽しみ。

 というわけで、今年も一年、無事に終わりそうです。

 良い、お年を。

石原良純さんの2018年の年賀状。年賀状中央の“良純駒”は、山形県の天童商工会議所で講演した際に頂いた飾り駒。
石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.