日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 「歯の痛み」から始まった悲劇
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 「歯の痛み」から始まった悲劇

第40回…歯痛、腰痛、睡眠不足の3大苦をなんとか乗り越える

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 突然、“歯の激痛”に襲われた石原さん。お酒・食事が楽しめなくなった石原さんに更なる悲劇が…。年末年始のテレビ番組の収録が重なる超多忙な季節を、乗り切ることができたのでしょうか。

歯の治療で、シャンパンも森伊蔵もあきらめた

ゴルフ対決番組『中村雅俊・石原良純と女子プロの新春ゴルフペアマッチ2018』(テレビ愛知)に出演する〝良純チーム”。三ヶ島かなプロと。2018年1月3日の午後2時30分から放送予定。(写真提供:テレビ愛知)

 歯が痛い、歯が痛い、歯が痛いよ。

 突然、歯が痛み始めた。二週間前にメンテナンスに行ったばかりなのに。その時、確かに右の奥歯が揺れていた。いつ痛み出してもおかしくないとは言われていたけれど、この忙しい年末に歯が痛まなくてもいいではないか。

 幼年期、少年期、青年期、歯医者知らずの僕だった。まさか、それが仇になるなんて。虫歯はなくても、歯肉が弱ってしまっていた。経年劣化。“三十過ぎたら歯医者へGO”と聞いていたが、あとの祭りだった。

 仕事終わりに歯医者へ駆け込む。検診の予約はなかなか取れなくても緊急事態となれば、いち早く診てくれる椿先生に、まずは感謝。

 レントゲンを見ると、歯肉が後退してバイ菌が入って、歯肉が炎症を起こしている。ここまで悪くなったら神経を抜くほかない。麻酔を射っての治療とはいえ、ボワワンと痺れた唇の裏側で、奥歯がやんわりと痛みを発していた。

 無事に治療を終え、余裕で乗り込んだ大阪行きの最終便。ファーストクラスならば機内食のお供はシャンパンと決まっているが、未だ痺れた唇でグラスを傾ける気はしない。

 だいいち、口の右側の半分が満足に動かないのだから、食べるのだって面倒くさい。食べ物を前歯で小さく刻んだら、ベロで左奥歯へ送り込む。大きく口を開いて噛めば、右の奥歯が痛むから、ギリギリ、ギリギリと臼歯を使って擦り潰すほかない。後は多少大きくても、唾と一緒にゴックンと飲み込むしかない。そんな食事は、ちっとも美味しくない。

 シャンパンも森伊蔵もあきらめて、今宵のディナーはペリエをお供にした。調子が悪い時には、たとえお酒が飲み放題でも無理して飲まない。55歳にしてようやく僕も賢くなった。

 悲しかったのは、翌朝のウェスティンホテル大阪の朝食バイキング。朝メシは思いっきり食べてやろうと思っていたのに、噛み合わせると奥歯が痛い。麻酔が醒めたらスッキリと痛みは取れているとばかり思っていた。お腹は空いているけれど、やっぱり美味しくない。いつもの半分の量でバイキングを断念した。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.