日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > お伊勢参りの朝は、人をちょっとだけ哲学者にする
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

お伊勢参りの朝は、人をちょっとだけ哲学者にする

第65回 12月が一番の狙い目! 37年連続で12月にお伊勢参り

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 12月に伊勢神宮を訪れた石原さん。“お伊勢さんの大ファン”である石原さんは、実は37年連続で12月にお参りしています。ピンと冷たい空気が張り詰めた伊勢神宮の朝は、石原さんをちょっとだけ哲学者にしたようです。

 冬至の日、毎年恒例のお伊勢参りに出かけた。12月は、最もお伊勢さんが空いている。初詣にどっと人が押し寄せる1月直前の12月が一番の狙い目なのだ。だから僕は、37年連続して12月にお伊勢参りに出かけている。

 弥次さん喜多さんが旅をした江戸時代には、お伊勢参りは庶民にとって一生に一度の楽しみ。長いこと家業を休んででも、東海道の旅をゆっくり楽しんだのだろうが、お伊勢さんは今も東京からなかなか遠い。

 新幹線で東京から名古屋まで、約1時間40分。さらに近鉄特急に乗り換えて、伊勢市駅まで1時間半。近鉄特急の車窓の景色は、木曽三川を渡れば、右手に鈴鹿山脈、でも左手に海は見えない。あとはひたすら長閑(のどか)な田園風景が広がる。カラカラに乾いた田んぼが冬の陽の光に黄金色に輝く。これぞ正しく日本の原風景だ。

朝の伊勢神宮はピンと冷たい空気が張り詰めている。

 しかし、37年間も見続けてくれば、日本の原風景にもいささか飽きてもくる。だから近年は、名古屋や大阪での仕事帰りに伊勢市内のホテルに前泊することにしている。1日で東京と伊勢を往復するのは腰にも悪い。お伊勢参りで腰痛が再発しては、一年の締めくくりがめでたくなくなる。

 お伊勢参りの朝は、早ければ早いほど清々(すがすが)しい。ピンと冷たい空気が張り詰めた無人の境内を、ザッザッと小石を踏みしめて歩くのが心地良い。

 今年は前夜、名古屋でテレビ愛知の『サンデージャーナル』の収録後、忘年会があったので少し出遅れ気味のスタートとなった。それでも8時にはホテルを出発。JR鳥羽線の踏切を渡って少し歩けば、外宮の参道に出る。

 参道でまず目にとまるのが、昔ながらの佇(たたず)まいをそのまま残す旅館「山田館」。なにしろ伊勢といえば昔は日本一の観光地。時代の最先端をいく瀟洒(しょうしゃ)な旅館が参道に軒を連ねていたに違いない。

 山田館は目新しくペンキは上塗りされているものの、建物は昔のままだ。長い年月を経て、屋根のラインは微妙に上下にたわみ、建物自体が僅(わず)かに道路へ前のめりに傾いているようにも見える。

 並びの土産店もこれまた昭和の佇(たたず)まい。それも戦前の景色。御主人とおぼしきおじいさんが、朝も早から開店準備で商品をバタバタとはたきで叩いていた。

 参道終わりの大きな横断歩道は要注意だ。朝は押ボタン式になっているから、誰かが赤いボタンを押さねばいくら待っても信号は変わりやしない。僕が気が付いて、信号待ちの観光客の大勢さんを助けることになった。

 お伊勢さん、伊勢神宮の正しい名称は「神宮」なのだそうだ。神宮とは皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)の総称で、両正宮には別宮、摂社、末社など125の宮社がある。せっかく伊勢までやって来たのだから、せめて外宮、内宮の両正宮の2つにはちゃんと御挨拶して帰らねばもったいない。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.