日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > コラム  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > スキーシーズンを前に天気も体もトラブル続き  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

スキーシーズンを前に天気も体もトラブル続き

第15回…今年は暖冬で紅葉も落葉も遅い。スキー場の雪が心配だ

 石原良純

ビールは冷たい方が美味しいけれど…

 記録的な高温。記録的な大雨。記録的な大風。異常気象が続くと地球規模で気候変動しているのではないかとも思えてくる。その向こうに地球温暖化という厄介者の姿が浮かぶ。

 東京が季節はずれの嵐に見舞われたその週末。フランス・パリで開かれていたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で、“パリ協定”が採決された。

 1997年の“京都議定書”以来18年ぶりに採択された地球温暖化対策の新しい枠組は、先進国と発展途上国が責任をなすり付け合うのではなく、実効性のある対策をそれぞれの立場の国に求めている。

 ビールは冷たい方が美味しいに決まっている。今まで冷えたビールを飲んで、さんざん電力を使って来た人々は、それ相応の負担を求められる。これから冷えたビールを飲みたい人々は、省電力の冷蔵庫を使ってもらう。地球全体で冷えたビールを安全に飲み続けようといったところか。

 世界の平均気温の上昇を産業革命前の2℃未満にすることを協定の目的とした。以前、“気候ターゲット2℃”という言葉をよく耳にした。

 地球の平均気温が2℃上がると、量的変化から質的変化に変わる。アイスクリームが溶けはじめ、ある時点まではまた冷やせば美味しく食べられる。でも、ドロドロに溶けてしまったアイスクリームをもう一度凍らせても、もとの美味しいアイスクリームにはならないという意味合いだ。

 2℃は2.0℃なのか、2.1℃なのか、厳密な数字は分からない。ただ、その辺りに臨界点があるのではないかと研究されている。地球の平均気温は産業革命前以来、すでに1℃は上昇している。危険水域に達していることは間違いないのだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.