日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > コラム  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > スキーシーズンを前に天気も体もトラブル続き
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

スキーシーズンを前に天気も体もトラブル続き

第15回…今年は暖冬で紅葉も落葉も遅い。スキー場の雪が心配だ

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 今年は、観測史上最大のエルニーニョ現象の影響か、暖冬傾向が顕著。12月11日も師走とは思えない“暖かい”嵐が東京を襲った。スキーを愛する石原さんは、本格シーズンを前にして、毎日空を見上げて「寒くなれ、寒くなれ」と念じている。

師走とは思えない“春風のように温かい嵐”

 屋根を叩く雨音に気づいて窓の外に目をやる。打ちつけられた雨粒がしぶきとなって跳ね上がり、街全体が白く煙って見える。低い空を鉛色の雲が足早に駆け抜ける。雨は時に横殴りとなり、サッシのガラスでバラバラと砕け散った。

 今朝の街は、とても冬の景色とは思えない。秋景色にもふさわしくない。季節を数カ月逆登り、夏の嵐の様相を呈している。

 しばらくすると窓が露で曇りはじめる。ガラスを指でなぞっても、文字は書けない。結露しているのは、窓の外側だ。室内の空気に比べて、よほど暖かな風が吹いているに違いない。

 サッシを開くと、生暖かな風が部屋に飛び込んできた。白いレースのカーテンを大きく膨らませて、それはまるで春風。冬の間に凍えて凝り固まってしまった体を解きほぐしてくれる春の風のようだった。

 この十年来、花粉症を発症して春風から逃げ廻っていた僕も、今の季節ならば花粉の心配はいらない。大きく息を吸い込むと、暖かさと湿気が胸いっぱいに広がって心地良かった。

 だが、喜んでばかりもいられない。2015年も、あと僅か三週間。大粒の雨と生暖かな風が荒れ狂った朝は、12月11日だったのだから。

 天候は、あっけないほど簡単に回復した。空を駆ける黒い雲の固まりの間に、小さな青空が覗いたと思ったら、その面積はどんどん広がっていく。西の空から明るさが増し、ぽつんと取り残されたしんがりの雲が仲間を追って北へと上がっていった。

春風のような嵐が去った後、ウェアに着替えて近くの公園にジョギングに出かけた
[画像のクリックで拡大表示]

 気象庁のホームページで、関東上空のレーダー画像の雨雲の様子を確認した僕は、ウェアに着替えて近くの公園にジョギングに出かける。風は強いが、気温は高い。もちろん花粉も飛んでいないのだから、駆け出さぬ手はない。

 雨が上がったばかりの公園のジョギングコースには、人影はない。コースのアスファルトの上を濡れ落ち葉が一面に覆っていた。

 観測史上最大のエルニーニョ現象の影響なのだろうか、暖冬傾向が如実に現れている今年は、紅葉も遅ければ落葉も遅い。ようやく色づいたイチョウやケヤキの葉が、この日の風で一挙に枝から引きちぎられたようだ。木枯らしならぬ、南風に吹き落とされるとは、葉っぱは思ってもみなかったに違いない。

 ジョギングコースの陸橋から大通りを見降ろすと、街路樹のイチョウの葉っぱが車に踏まれ、黄色い雪の轍のようになっている。周回を重ねるうちに、ジョギングコースにも人の足で轍が出来る。日差しに照らされ乾いた葉っぱは、強風に煽られてカラカラと音を立てて舞い上がる。ふと見れば落ち葉に紛れてチョウチョが一匹飛んでいた。十二月の空の下にチョウが舞う。暖冬が生態系にも悪影響を及ぼしているのも間違いない。

ジョギングコースの陸橋から大通りを見降ろす。街路樹のイチョウの葉が強風に煽られてカラカラと音を立てて舞い上がっていた。
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.