日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 小学生とデッドヒートを繰り広げる
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 小学生とデッドヒートを繰り広げる

第64回 「仁淀川ふれあいマラソン」4キロの部に参加、1キロ5分ペースを切れず

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 11月初旬に「仁淀川ふれあいマラソン」に参加した石原さん。3年前のふくらはぎの故障以来、フルマラソンを見合わせていた石原さんは、4キロの部に参加します。そこで小学生と抜きつ抜かれつのレースを展開します。

11月3日に開催された「仁淀川ふれあいマラソン」(高知県土佐市)に参加した石原さん。土佐市のマスコットキャラクター「とさごん」と「お竜(おりゅう)」と並んで、ハーフマラソンのスタートを見送りました。

 フルマラソンは、距離が40キロではなく、42.195キロだということがミソなのだと僕はいつも思う。

 だから、1キロ6分ペースで走り、レースの最後にちょっと頑張ったからといって4時間切りはできない。いわゆるサブ4を達成するには、1キロ5分40秒が目安となる。

 僕はレース中に1キロごとにラップを気にするのはめんどうだから、5キロ刻みでタイムをチェックする。5キロを27分台で走るのが僕にとって理想のペース。40キロ地点までそのペースを保てれば、残り半端な2.195キロを楽に20分以内で走ればサブ4を達成できる。

 また、27分を切るようにレース前半から飛ばしてしまうと、僕らレベルのランナーはゴールまで足が持ちやしない。マラソンで怖いのは、スピード不足以上にスピードの出し過ぎ。

 ハーフマラソンでは1時間50分を切りたいところだ。1キロ5分に近いハイペースとも思えるが、どうせ足が痛んでガクンとスピードが落ちる後半のことを思えば、距離が半分のハーフマラソンではこれくらいのタイムで走れないとサブ4は難しい。

 10キロ走ならば、47、8分で走りたい。

 今から30年近くも前のテレビ番組のマラソン大会でのこと。箱根駅伝の生中継ばりに、目の前を走る中継車のカメラに引っぱられた。その結果、おさる選手(現モンキッキー)とトップを争って10キロ地点を40分ちょうどで通過したのが、今も僕のプチ自慢。

 その後、並走するおさるを振り切り、ハンディキャップで遅れてスタートした、そのまんま東さんにこそ抜かれたが2着でゴールした。谷川真理さんやアフリカ勢の外国人ランナーに追いつかれなかった僕は若かった。

 ちなみに、昨年11月に参加した島根県安来市の「第14回なかうみマラソン全国大会」の10キロの部での記録は52分30秒。三年前の右足のふくらはぎの故障以来、より走力が落ちている。3シーズン続けて2019-2020年のマラソンシーズンも、フルマラソンは見合わせることにした。

3年前の右足のふくらはぎの故障以来、フルマラソンを見合わせていた石原さん。今回は4キロの部に参加しました。

 そんな僕がこの秋、参加したのは高知市の西隣、土佐市で開催された「仁淀川ふれあいマラソン」4キロの部。

 もうちょっと長い距離を走りたいところだったが、あくまでも大会ゲストとしての参加。表彰式の時間を考えればノロノロと10キロの部を走っては、プレゼンター役に間に合わない。

 ブルーとピンクのドラゴンは、土佐市のマスコットキャラクター「とさごん」と「お竜」。三人仲良く手を振ってハーフマラソンのスタートを見送ったら、いよいよ4キロの部のスタートだ。中学生、高校生の精鋭選手をはじめ約400人が出走した。

 まず、スタートラインで参加者全員を見送って最後尾からスタートするのもゲストランナーの役目。全員がスタートラインを越えたのを見届けて、手元の時計で27秒遅れでスタートした。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.