日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 小学生とデッドヒートを繰り広げる
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 小学生とデッドヒートを繰り広げる

第64回 「仁淀川ふれあいマラソン」4キロの部に参加、1キロ5分ペースを切れず

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 11月初旬に「仁淀川ふれあいマラソン」に参加した石原さん。3年前のふくらはぎの故障以来、フルマラソンを見合わせていた石原さんは、4キロの部に参加します。そこで小学生と抜きつ抜かれつのレースを展開します。

11月3日に開催された「仁淀川ふれあいマラソン」(高知県土佐市)に参加した石原さん。土佐市のマスコットキャラクター「とさごん」と「お竜(おりゅう)」と並んで、ハーフマラソンのスタートを見送りました。

 フルマラソンは、距離が40キロではなく、42.195キロだということがミソなのだと僕はいつも思う。

 だから、1キロ6分ペースで走り、レースの最後にちょっと頑張ったからといって4時間切りはできない。いわゆるサブ4を達成するには、1キロ5分40秒が目安となる。

 僕はレース中に1キロごとにラップを気にするのはめんどうだから、5キロ刻みでタイムをチェックする。5キロを27分台で走るのが僕にとって理想のペース。40キロ地点までそのペースを保てれば、残り半端な2.195キロを楽に20分以内で走ればサブ4を達成できる。

 また、27分を切るようにレース前半から飛ばしてしまうと、僕らレベルのランナーはゴールまで足が持ちやしない。マラソンで怖いのは、スピード不足以上にスピードの出し過ぎ。

 ハーフマラソンでは1時間50分を切りたいところだ。1キロ5分に近いハイペースとも思えるが、どうせ足が痛んでガクンとスピードが落ちる後半のことを思えば、距離が半分のハーフマラソンではこれくらいのタイムで走れないとサブ4は難しい。

 10キロ走ならば、47、8分で走りたい。

 今から30年近くも前のテレビ番組のマラソン大会でのこと。箱根駅伝の生中継ばりに、目の前を走る中継車のカメラに引っぱられた。その結果、おさる選手(現モンキッキー)とトップを争って10キロ地点を40分ちょうどで通過したのが、今も僕のプチ自慢。

 その後、並走するおさるを振り切り、ハンディキャップで遅れてスタートした、そのまんま東さんにこそ抜かれたが2着でゴールした。谷川真理さんやアフリカ勢の外国人ランナーに追いつかれなかった僕は若かった。

 ちなみに、昨年11月に参加した島根県安来市の「第14回なかうみマラソン全国大会」の10キロの部での記録は52分30秒。三年前の右足のふくらはぎの故障以来、より走力が落ちている。3シーズン続けて2019-2020年のマラソンシーズンも、フルマラソンは見合わせることにした。

3年前の右足のふくらはぎの故障以来、フルマラソンを見合わせていた石原さん。今回は4キロの部に参加しました。

 そんな僕がこの秋、参加したのは高知市の西隣、土佐市で開催された「仁淀川ふれあいマラソン」4キロの部。

 もうちょっと長い距離を走りたいところだったが、あくまでも大会ゲストとしての参加。表彰式の時間を考えればノロノロと10キロの部を走っては、プレゼンター役に間に合わない。

 ブルーとピンクのドラゴンは、土佐市のマスコットキャラクター「とさごん」と「お竜」。三人仲良く手を振ってハーフマラソンのスタートを見送ったら、いよいよ4キロの部のスタートだ。中学生、高校生の精鋭選手をはじめ約400人が出走した。

 まず、スタートラインで参加者全員を見送って最後尾からスタートするのもゲストランナーの役目。全員がスタートラインを越えたのを見届けて、手元の時計で27秒遅れでスタートした。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.