日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 5シーズンぶりのフルマラソン 前日の誘惑にも負けず無事完走
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

5シーズンぶりのフルマラソン 前日の誘惑にも負けず無事完走

第88回 還暦前の最後のレースを走り切る

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! コロナ禍以降、久しぶりに開催された1万人規模の市民マラソン大会に参加した良純さん。前日のゴルフを存分に楽しめないなどの憂き目にあいつつも、5シーズンぶりのフルマラソンをめでたく完走しました。

 祝、完走。金沢マラソン。タイム、4時間59分39秒。

 5シーズンぶりのフルマラソン。友人に誘われて、フラッと参加を承諾してしまった。自己ベストを狙うわけではなく、ラン友とおしゃべりをしながら秋の古都金沢の景色を楽しもうという軽い気持ちだった。

軽い気持ちで参加を決めた金沢マラソンだったが…
軽い気持ちで参加を決めた金沢マラソンだったが…

 上岡龍太郎さん直伝の僕の調整法によれば、マラソン直近の2カ月間に月走200kmしておけば無理なく走破できるはず。なにしろ、コロナ禍のこの1年半は毎月200km、走り続けてきた。楽勝でマラソンできると思い誘いに乗ってしまった。前日はゴルフ。夜は何か美味しい物でも食べましょうなどという甘言にも惑わされてしまった。

 ところが、大会の1週間前。友人から足が痛いから走れないという、まさかの申し出があった。レースに備え走り込んだら右足が壊れたのだとか。でも、ゴルフはできるから、金沢にはついてくるのだと。おいおい、マジかよ。

 大会前日、彼はゴルフ倶楽部金沢リンクスのコースで小春日和にも恵まれてバカ当たり。僕はといえばマラソンに差し支えないように、足をかばってひたすらにカートに乗っているから、ゴルフのリズムが出やしない。楽しそうに談笑しながら歩く仲間から一人離れてカートに籠もっていた。

マラソンと前日のゴルフは両立しない!?

 マラソン前日のゴルフには苦い思い出がある。2012年の神戸マラソン前日のこと。調子に乗って六甲山のゴルフコースを回り、イタリア料理を食べて走ったレースがどれだけつらかったことか。ゴールのポートアイランドを目指して橋を渡る頃には、足が上がらず初めて歩きそうになった。

 マラソンランナーの人の流れは、走るタイムによって見え方が変わってくる。3時間ランナーは、サーッと目の前を駆け抜ける。4時間ランナーはタッタと一歩一歩、足を踏みしめて前へ進んでいく。5時間ランナーは、ズルだのザリだの足の裏を引きずりながらゆっくり通り過ぎる。6時間ランナーともなれば、ランナーとは名ばかり、足を引きずり歩く落ち武者の群れだ。

 タイムが遅ければつらい時間が長くなる。つらい時間が長ければタイムは遅くなる。負の連鎖に陥って、神戸の埠頭を彷徨(さまよ)った。

 そう、マラソンと前日のゴルフは両立しないことを、僕はちゃんと学んでいたはずなのに…。せめて赤ワインだけはやめておこうと、ゴルフ場から一人別れて部屋に戻った。ホテルのルームサービスでスパゲティーをとって、足りない炭水化物は近くのコンビニで団子を買って補充した。

 緊急事態宣言が明け、ようやく賑わいを取り戻した金沢の夜の街へ消えて行った友人を尻目に、僕は早々と就寝した。何しろ、マラソンは命懸けの遊びなのだ。

1/3 page

最後へ

次へ

ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.