日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > なぜ、“GoTo良純”の旅先が奈良なのか  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

なぜ、“GoTo良純”の旅先が奈良なのか

第76回 初日は城と寺を観光、2日目は三輪山山頂の大神神社へ

 石原良純

初日は奈良観光、まず目指したのは大和郡山城!

 大阪・梅田でレンタカーを借りて阪奈道で奈良を目指す。阪神高速から続く高速道で生駒山地を真っすぐトンネルで突き抜ければ、難なく奈良盆地に入る。

 “法隆寺まで10キロ”、“薬師寺まで5キロ”、県道に出ると歴史の教科書でおなじみの名前が案内標識に次々と現れる。でも、僕が目指したのは大和郡山城。寺より城が優先するのが鉄則という僕としては、初めて訪れる大和郡山城ははずせない。

 大和郡山城といえば、今まさに『麒麟がくる』(NHK総合)の中で松永久秀と筒井順慶が争った舞台。城が近世へと続く大規模なものに拡大したのは豊臣政権時代のこと。秀吉の弟、豊臣秀長が大和、和泉、紀伊国3カ国100万石の領主として入封した。城郭作りを急いだため、石垣には墓石や石仏が用いられている。

 江戸時代中期以降は、柳沢吉保の子、吉里が入封し、明治維新まで柳沢家6代にわたる居城となった。維新後、城は荒れるにまかせていたが、近年になって城門や櫓(やぐら)、そして天守台跡などが綺麗(きれい)に整備されるようになった。

 おもしろいのは再建された追手門。門をくぐった二の丸に、旧奈良県立図書館の建物が移築された城址会館がある。市の様々な行事に使用されていて建物の脇には駐車場もある。城内へ続く城門を車で乗り入れられる城は、全国的にも珍しい。

 まずは天守台跡を目指す。柳沢吉保公を祭る柳沢神社の脇を抜けると大きな石垣が組まれた天守台跡に出る。ぐるりと一周してから天辺の展望スペースに登る。さすがは大和の国を治めた名城。さほど標高は高くはないが奈良盆地とそれを囲む大和の山々を一望できた。

大和郡山城の天守台跡を前に。筒井順慶、豊臣秀長らが城主を務めた大和の国の名城だ。
大和郡山城の天守台跡を前に。筒井順慶、豊臣秀長らが城主を務めた大和の国の名城だ。
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.