日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 マラソンはひとりで走っているわけではない  > 2ページ
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 マラソンはひとりで走っているわけではない

第26回…今秋、3つのマラソンに参加、『函館マラソン』の仇は取った!

 石原良純

因縁の大会を「サブ4」でクリア!

 そんな自信を胸に臨んだのが三週間後の『富山マラソン』。去年は腹痛で途中棄権した因縁の大会だ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
去年は腹痛で途中棄権した因縁の『富山マラソン』。今年は、3時間56分11秒と、自己ベストには49秒及ばなかったが、2度目の「サブ4」を実現した

 「良純、今年はガンバレ!」「今年は頑張ってますね」と沿道から声援を受ける。「今年は」はいらない。「今年も、しくじったら」と余計にプレッシャーがかかるではないか。レース前半は、笑顔で小さく片手を挙げて声援に応える。苦しくて当たり前のマラソンで、「何を言ってやがる」とか負のエネルギーはいらない。ランナーと沿道の観衆が正と正のエネルギーをぶつけ合ってこそ、42.195キロが克服できる。

 『富山マラソン』最大の見どころであり、最大の難所となるのが高低差60メートルの新湊大橋。2キロの上りと2キロの下りがランナーの走力を確実に奪う。

 新湊大橋を下り終えても、まだ28キロ地点。ここからがマラソンの真骨頂だ。脚が痛くて思うほど上がらない。背後からは4時間ゴールの緑の風船を帽子につけたオフィシャル・ランナーが迫ってくる。脚が上がらずストライドが伸びないのならば、細かくピッチを上げて速度を維持すればいい。どんどん息が苦しくなってくる。もはや沿道の声援に手を上げる余裕はない。僕は小さく目の玉だけを動かして挨拶する。沿道の皆さんに僕の感謝の気持ち、伝わっていただろうか。

 レースの結果は、3時間56分11秒。自己ベストには49秒及ばなかったが、6月の惨敗した『函館マラソン』の仇は取れた、と僕は満足している。

今回は、いつも沿道からもらっているエネルギーを返す番

 11月の『福岡マラソン』は、KBC(九州朝日放送)特別番組のゲスト・サポーターとして参加した。踊る阿呆に観る阿呆……とは言ったもの。やっぱりマラソンの主役はランナー一人ひとりだ。スタジオでジッと中継画像を観ているだけではつまらない。途中からスタジオを飛び出して、コースへ応援に出かけることにした。

 スタートから3時間を超え、30キロ地点を間近にするランナーの足取りはどれも重い。頭では走ろうとしても、体は走らない。皆さん、ただ黙々と一歩一歩、歩みを進める。

『福岡マラソン』では、30キロ地点でランナー一人ひとりをハイタッチで送り出した(映像提供:九州朝日放送)
[画像のクリックで拡大表示]

 ならば今回ばかりは、僕が精一杯の応援をして、いつもは僕が沿道からもらっているエネルギーをランナーに与える番だ。「頑張れ」と大声で声をかけ、一人ひとりをハイタッチで送り出す。「あっ、良純さん」と僕に気がついて、ほんの一時でも足の痛みを忘れるだけでも、僕は役に立ったというものだ。

 マラソンは、ひとりで走っているようで、ひとりで走っているわけではないのです。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.