日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > コラム  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 忘年会を終えたのに、今年忘れていたのは「健康診断」!
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

忘年会を終えたのに、今年忘れていたのは「健康診断」!

第14回…無病息災を感謝し、家内安全、商売繁盛を祈願したハズが…

 石原良純

屋根裏にあるクリスマスツリーを降ろして汗みどろ

 過去、最大級のエルニーニョ現象。確かに、この秋はやたらと暖かい。今日の東京は、十月半ばの小春日和。開け放った窓から吹き込む風が心地良い。

「季節外れの強い陽射しで熱気のたち込める屋根裏へクリスマスツリーを降ろしに登る。二、三度、梯子を登り降りするだけで汗みどろになってしまった」(石原)
[画像のクリックで拡大表示]

 先月の福岡ロケでは、スタッフが防寒用にとダウンのベンチコートを用意してくれていたのに、なんと最高気温二十八度の夏日。ダウンどころか、半袖半ズボンの陽気だった。

 だが、朝晩の冷え込みが弱いから、冷たい北風に落ち葉が舞わないから、といって油断してはいけない。年の瀬はもうそこまで迫っているのだ。

 昨日の休みには、季節外れの強い陽射しで熱気のたち込める屋根裏へクリスマスツリーを降ろしに登る。二、三度、梯子を登り降りするだけで汗みどろになってしまった。引越しを期に、ホームセンターで衝動買いしてしまった僕の背の高さほどの大型ツリー。少しでも長い期間、人目に触れさせなければ減価償却も妻の怒りも収まらない。

テレビで年賀状の新作発表が恒例に

 そろそろ年賀状の準備もしなければ。ここ数年、なぜか『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスさんや村上信五クンに番組内で新作を発表するのが恒例となっている。

 新年に届くはずの年賀状を、旧年中にテレビで発表するというのも不思議な気はするが、これで年賀状を出す人が少しでも増えるのならば良しとしよう。メールも電話もいいが、年に一度くらい想いを筆にしたためるというのも乙なものだ。  

 ところが、この年賀状に託した僕の想いがなかなか人には伝わらないようだ。僕はその年に出会い感動した場面を一枚の写真にして送る。しかし、僕の想い入れのある写真も、年賀状を受け取る側にとっては、“意味不明”としか映らないようだ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.