日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > また始まったロケの日々、秋の景色に息をのむ

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

また始まったロケの日々、秋の景色に息をのむ

第75回 ブドウを育て、ワインを造る夢、来年3月に始動?

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! テレビの世界でも、徐々に地方でのロケが始まり、軽井沢では紅葉や秋の景色に息をのみました。さらに、ブドウを育て、ワインを造る夢について語っています。

 今朝の軽井沢は、マイナス1度まで冷え込んだ。ホテルの部屋のカーテンを開けると、窓は結露で真っ白にかすんでいた。掌(てのひら)で窓をなでると水しぶきを上げたガラスの向こうに、初秋の高原の景色が広がった。

ゴルフ場の向こう、雪化粧した浅間山の頂が美しかった。

 目の前の池を縁どる落葉樹は色とりどりに色づき見ごろを迎えている。モミジやナナカマドの赤。カシやシイの木の黄色。そして杉や松といった常緑樹の緑がほど良いコントラストとなってより一層、落葉樹の色彩をひき立たせる。

 台風が上陸しなかった今年の秋は例年以上に紅葉を楽しめると聞いてはいたが、なるほどこの秋の景色に息をのんだ。

 池の向こうのゴルフコースの芝はまだ枯れずに緑色を保っている。それでも真っ青な秋晴れの空の下にそびえる軽井沢のシンボル、浅間山の頂はうっすらと雪化粧している。昨夜の雨が、この秋2度目の冠雪をもたらした。高原の景色は、いままさに秋から冬へと一気に駆け出そうとしているようだ。

台風が上陸しなかった地域では、例年以上に紅葉が楽しめるという。

 初秋の軽井沢を訪れたのは『ぴったんこカン・カン』(TBS)のロケでのこと。ちまたが「GoToキャンペーン」でにぎやかになったことに呼応して、テレビの世界もようやく地方ロケに出かける雰囲気になってきた。

 4月の外出自粛以来、ほとんどロケに出ることがなかった僕も10月半ばを過ぎ、こうしてロケで観光地を訪ねられるようになった。

 コロナ以前、僕はテレビでどこの景勝地や各所旧跡を見てもうらやましく思うことはなかった。自分自身が忙しく日本中をあっち、こっちと飛び回っていたのだから。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.