日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 食欲の秋もダメ、スポーツの秋もダメ…ならば芸術の秋
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

食欲の秋もダメ、スポーツの秋もダメ…ならば芸術の秋

第63回 芸術は遠きにありて思うもの

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 歯茎が腫れて、食事も飲酒もスポーツも断念した石原さん。今年の秋は「芸術の秋」と決めて、高校時代の同級生の展覧会に出かけます。そこで彫刻と絵画を堪能しますが…。

東京八重洲の田中八重洲画廊で10月末「前田哲明・伊藤一 二人展」が開催されました。

 歯が腫れた。いやいや、歯茎が腫れた。

 朝、起きると前の晩から腫れぼったかった右頬が、それは見事にピンポン球大に腫れあがっていた。以前から、右の奥歯はグラグラと揺れていた。歯医者に行かなきゃ、行かなきゃと思っているうちに月曜の朝を迎えてしまった。

 8時からは『羽鳥慎一モーニングショー』の生放送。少しでもお見苦しい顔を皆様にお見せしないように、少し右を向いてうつむき加減でカメラに向かうしかない。放送終了後、一目散に歯医者さんに駆け込んだ。

 歯が痛くなると、食べ物がおいしくなくなる。もちろん、飲酒は御法度(ごはっと)だ。ようやく涼しくなりはじめ、これから食欲の秋だというのに、なんという体たらく。

 そして絶好のランニングシーズンの到来でもある。乾いた空気を切って走れば夏バテしてしまった僕の足にもスピード感が蘇(よみがえ)るはずだ。でも、炎症を起こしている体で走れば血行が良くなって歯茎がズキズキと痛みだすに違いない。

 ゴルフだって、飛行機の中でさんざんレッスンビデオを眺めたおかげで調子が上がってきたのに、コースはおろか練習場にだって行けやしない。スポーツの秋からも、置いてけぼりをくってしまった。

 
上の写真が前田哲明さんの彫刻、下の写真が伊藤一さんの絵画。

 台風が大きな爪痕を残して通り過ぎ、そこに追い打ちをかけるような季節はずれの大雨も見舞った。晩夏から初秋へ、そんな季節の移ろいが感じられない気候に日本もなってしまったようだ。それでも、空の高い所にうっすら箒(ほうき)で描いたような巻雲や、西から東へ足早に駆ける鰯(いわし)の群れのような巻積雲を見ると、ようやく秋がやって来たのも間違いないようだ。

 食欲の秋もダメ、スポーツの秋もダメならば今年の秋をいかように楽しんでやろうか。そんな僕は、芸術の秋と決めた。

 10月22日から28日、東京八重洲の田中八重洲画廊で彫刻家・前田哲明君と画家・伊藤一君の“二人展”が開催された。

 二人は僕の高校の同級生。そして、この個展のプロデューサーを務めた田中祐司君も同級生だ。

 高校三年間の中でも、なぜかこの3人とクラスを共にした3年I組だけは今も交流が続いている。担任の長崎先生が亡くなられたあとも、毎年欠かさず年に一度のクラス会が開かれ、有志によるゴルフコンペもしょっちゅう行われている。そもそも今回の個展は、クラス会の二次会で出た話なのだそうだ。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.