日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > 石原良純 思い描いていた自分のプレー姿と現実のギャップに驚く
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

石原良純 思い描いていた自分のプレー姿と現実のギャップに驚く

第50回 テレビ収録を利用して、テニス技術の向上をもくろんだが…

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! テレビ番組のロケで宮崎を訪れた石原さん。テニスプレーの撮影があるのを利用して、テニス技術向上をもくろみます。しかし、VTRに映った自分の姿に驚かされることに…。

宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのプールサイドで寛ぐ石原さんと深町健二郎さん。
宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのプールサイドで寛ぐ石原さんと深町健二郎さん。

 プールサイドで寛ぐ僕と、福岡のミュージシャン深町健二郎さん。背後にはシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートが聳(そび)え立つ。雲一つない真っ青な空も、顔を撫でる潮風も心地良いのだが、僕の思い描いていた情景とは、何か違う。

 宮崎といえばジリジリと肌を焦がす太陽。ザワザワとヤシの木陰を揺らす南風。ガシガシと騒がしく鳴き声を上げる蝉の大合唱。南国・宮崎の醍醐味といえば、やっぱり真夏の景色だ。

 そもそも、この『アサデス。九州・山口』(九州朝日放送製作)の宮崎ロケは、8月23日、24日に組まれていた。仕事とはいえ、宮崎に行くのを、僕はすっかり夏休みと思い込んで楽しみにしていたのだ。

 ところが、今年は台風の当たり年。8月23日には、台風20号が四国に上陸。オーシャンリゾートで遊んでいる場合ではなくなってしまった。そして今回、残念ながら夏は行ってしまったが、2カ月遅れで宮崎を訪れることになったのだ。

10月に訪れた宮崎ロケで、セグウェイに乗って松林の中を駆ける石原さん。
10月に訪れた宮崎ロケで、セグウェイに乗って松林の中を駆ける石原さん。

 ロケのスタートは、なぜかトゥクトゥクに乗って名勝、青島見物。なにしろ、このロケのタイトルは『ルート60s・おやじ二人旅』。60年代生まれの僕と深町さんのおやじ二人が好き勝手に旅するという、至ってゆるい企画なのだ。

 セグウェイに乗って松林の中を駆けてみたり、潮騒に包まれながら天然温泉の露天風呂を楽しんだり。夕食は宮崎名物・チキン南蛮ではない、ここは豪華に宮崎牛。それもシェフが一品一品、目の前で調理してくれる鉄板焼きを楽しんだ。

 しかし、僕の今回のお目当はテニス。シーガイアと言えば併設されているフェニックスカントリークラブがあまりにも有名だ。でも、僕はゴルフではなくて、あくまでテニス。一流リゾートホテルには、ゴルフアカデミーだけではなく、テニスアカデミーも設備されている。プロのコーチを受けられることはもちろん、番組収録なのだから、VTRで自分のテニスフォームをチェックすることもできる。僕にしてみればテニス技術向上のために、宮崎に来たようなものだ。

 4面の屋内コートに、ナイター完備の16面の屋外コート。もちろん撮影に使うのは、四方を観客席に囲まれたセンターコート。なにしろ、有明コロシアムのセンターコートで、8000人の観客が見つめる中、マッケンローとゲームをしたことがある僕には、やっぱりセンターコートが似合うと自負している。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.