日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > ジョギング、ダム、温泉、そして鉄道――やっぱり秋は旅の季節  > 2ページ目
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

ジョギング、ダム、温泉、そして鉄道――やっぱり秋は旅の季節

第24回…天竜川の旅で頭も体もリフレッシュ!

 石原良純

 ガックリと肩を落としたことろで、僕は発見。村のホームページによると、温泉の分院がちゃんと村の中心にあるではないか。それも講演会場の目と鼻の先の駅舎の中。

 JR平岡駅は、村営施設と合体しレストランや特産品の売店、宿泊施設を兼ね備えた『龍泉閣』という商業施設となっている。その最上階の4階に、村を一望できる龍泉の湯があった。

 『平岡ダム』の水音を聞きながら眺める景色は、秋の訪れがまだ遠くに感じられる。それでも青空に流れる雲だけは、少し秋めいてきたかもしれない。満足いくだけ汗をかいたところで講演会場に戻る。そして、スーツを持って温泉へ。

 『龍泉閣』の明るい浴室に先客はひとりだけ。ゆっくり湯舟につかって体を伸ばし、足の疲れを癒す。アルカリ性単純泉の少しぬるりとした湯が心地よい。山沿いの村の休日をしっかり楽しんでから、楽しく講演会に臨むことができた。

驚嘆に価するJR飯田線の風景

 この日の僕は超ラッキー。大好物のダム、温泉の他にもう一つ、大収穫があった。それはJR飯田線。

 飯田線は、愛知県の豊橋と長野県の辰野を結ぶ路線。愛知、静岡、長野が誇る険しい山岳地帯を貫通している。天竜川の激しい渓谷を走る列車から眺める景色は、数々の鉄道を乗りこなしてきたと自負する僕の目からも驚嘆に価する。

 もともとは4社の地方鉄道が統合されて成立した路線は、簡易な規格で建設されたこともあり、急カーブや急勾配の路線が続く。右岸から左岸へ、左岸から右岸へと川を縫う。時には、数キロにも及ぶ長いトンネルが山をぶち抜いて、天竜川の本流から支流へ、支流から本流へとたどる川筋さえもスイッチする。

 だから、列車の足元を流れる渓流は、時には右手、時には左手に現れる。列車進行方向のどちら側の席に座っていても、旅客は天竜川の絶景を楽しめる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ワイドビュー伊那路から眺めるJR飯田線(写真左)。写真右は、ワイドビュー伊那路の先頭車両を背景に“自撮り”した石原さん

 豊橋、飯田間を1日2往復する特急“ワイドビュー伊那路”もなかなかいい。3両編成の短い列車だが、大型テーブル付きのセミコンパートメント席は、行楽客ならばビールとおつまみを並べて車窓を眺めるにはもってこい。ただし車内販売はないから豊橋駅でビールと名物のかまぼこを買うことを忘れてはならない。

 そして、飯田線といえば秘境駅。トンネルとトンネルの短い間の急峻な山肌にしがみつくローカル駅のこと。辺りに人家はおろか道すら見当たらないこんな所にある駅を誰が何の目的で利用するのかと首を傾げてしまう。

 秘境駅ファン垂涎の的が飯田線。飯田線にある6つの秘境駅を一回の乗車で巡る“飯田線秘境駅号”が、春と秋の観光シーズンには運転されているのだそうだ。

 ジョギング、ダム、温泉、そして鉄道。大満足の天龍村行。やっぱり秋は旅の季節。旅することで、頭も体もリフレッシュ。この秋はワイドビュー伊那路で天竜川を遡ることをお勧めする。

石原良純(いしはら よしずみ)
俳優・気象予報士
石原良純(いしはら よしずみ) 1962年1月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。慶応義塾大学経済学部卒。テレビ、舞台、映画など幅広く活躍。趣味はマラソン。自宅から10キロ先の所属事務所まで走って通うことも。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.