日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」  > ジョギング、ダム、温泉、そして鉄道――やっぱり秋は旅の季節
印刷

石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

ジョギング、ダム、温泉、そして鉄道――やっぱり秋は旅の季節

第24回…天竜川の旅で頭も体もリフレッシュ!

 石原良純

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 講演のため9月末に訪れた長野県・天龍村で、ジョギング、ダム、温泉を楽しんだ石原さん。無事講演を終えた石原さんに、もう一つ大きな収穫がありました。全国を股にかける石原さんが「驚嘆に値する」と絶賛したものとは?

 川の湾曲部の山肌の僅かな平地に肩を寄せ合うように家が並ぶ天龍村の中心部を離れ、県道の坂を一気に駆け上がる。杉小立が途切れた向こうに、『平岡ダム』の勇姿が現れた。

 9月の日本列島には、次々と南の海から台風がやって来た。秋雨前線の雲も、連日のように、大地に雨を降り注いだ。雨水を貯え切れなくなった山々が、沢という沢に水を吐き出した。そんな水の流れが集まった天竜川は、その昔の“暴れ天竜”の異名を取り戻す。水量に耐え切れないダムは、怒涛のごとく茶色く濁った水を放出していた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
今年の9月は雨が多く降りました。9月末に訪れた天竜川は茶色く濁った水で、水かさを増していました。写真右は、天竜川水系のダムの中で一番大きい『平岡ダム』を背景にした石原さん

 天竜川水系は、日本の水力発電の宝庫。そして、長野県の最南端に位置する『平岡ダム』は、戦前に計画された天竜川水系のダムの中で一番大きく、高さ62.5メートルを誇る。

 発電に使われる水は、ダム湖から地下トンネルを通って発電施設に送られタービンを廻す。普段は堰堤から貴重な水を放水することはない。連日の雨のおかげで僕は絶景に出会えた。

ジョギングシューズとウェアーがようやく役に立った

 僕は地方へ出かける時、少し時間がとれそうならばジョギングシューズとウェアーを持参する。でも、この9月は雨降り続きで、運び損で終わることばかりだった。ようやく天龍村で、日頃の努力が実を結んだというわけだ。

 9月25日の日曜日は、天龍村誕生60周年記念式典の記念講演の講師として招かれた。新幹線で豊橋へ。そこから乗り継ぐ特急は、日に2本しかない。到着後、講演まで時間が空くと知った僕は、早速、インターネットで現地調査に乗り出した。

 まず、講演会場の見取り図を聞いて、風呂やシャワーがあるかをチェックする。なければ近隣の施設を探す。銭湯やスポーツクラブ、日帰り入浴可能な温泉があればベストだ。

 天龍村の観光マップを検索すると、村営の『天龍温泉・おきよめの湯』を発見した。講演会場から、川を渡って山を登って約15キロといったところか。キロ6分ペースで、1時間半。それから風呂に入って戻ってくる。時間的にはギリギリ間に合っても、そこまで魂つめて走ったら、講演会どころではなくなってしまう。僕は、天龍村に遊びに来ているワケではないのだから。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.